関東のお勧め紅葉ツーリングスポット.12~花貫渓谷・奥久慈

4.花貫渓谷・奥久慈(茨城県)

茨城県の紅葉の名所の花貫渓谷から奥久慈の永源寺へと、茨城県北部を横断する紅葉スポットを巡るツーリングルートです。今まで酷道で走行が辛かった国道461号線の北沢峠にトンネルができて、奥久慈方面や袋田の滝方面へのアクセスがしやすくなったのはうれしいところ。ちなみに奥久慈パノラマラインはその名の割りには走っていて景観に乏しく狭路部が多く走りづらい道のため、つつじヶ丘展望台で景観を楽しんだ後は、再び県道322号線に戻って抜けられた方がよいようです。
  • 花貫渓谷 11上旬〜11下旬
  • 袋田の滝 11上旬〜11中旬
  • 永源寺(もみじ寺) 11上旬〜11下旬

花貫渓谷・奥久慈の紅葉スポット1. 花貫渓谷

高萩市から国道461号線で内陸に入ったところの花貫川沿いにある、さまざまな淵と滝が連なった渓谷で、茨城県を代表する紅葉の名所です。紅葉スポットのメインは長さ約60mの汐見滝吊り橋になり、駐車場から1kmほど歩きます。遊歩道の道中も綺麗な紅葉を楽しむことができます。

花貫渓谷・奥久慈の紅葉スポット2.袋田の滝

日本三名瀑のひとつにも数えられます高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る滝です。四段になって流れ落ちることから「四度の滝」とも呼ばれ、流水の白と紅葉の赤色とのコントラストがとても美しいです。

花貫渓谷・奥久慈の紅葉スポット3.永源寺(もみじ寺)

紅葉時には境内が赤一色に染まるため、別名「もみじ寺」と呼ばれるほどのお寺です。境内からは大子町の紅葉も一望でき、多くの観光客が訪れます。なお、紅葉シーズン時にはお寺の駐車場が使用禁止になり、近くの駐車場を利用することになりますので、バイクだと止めずらい場合があるかもしれません。

花貫渓谷・奥久慈の紅葉スポット4.月待の滝

袋田の滝や永源寺の北にある、高さ17mの二筋で流れ落ちる夫婦滝で、滝を裏から見れる裏見の滝でもあります。駐車場があまり広くないのですぐにいっぱいになり、紅葉時には駐車場待ち必至の場所です。若干観光地感はありますが、滝のそばにお蕎麦屋さんがあるので、お蕎麦を食べながら滝を見て風情に浸かるのも良いかもしれません。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました