大徳寺 本坊伽藍 2023年春に特別公開決定! 【期間】2023年4月27日(木)~6月4日(日)予定

一般立入り初解禁の仏殿内部(重文)や天才絵師 狩野探幽が雲龍図を描いた法堂(重文)の拝観、三門「金毛閣」(重文)をくぐる体験まで

「京都の伝統文化と世界を繋げる」を企業理念に、 非公開寺院の特別公開やワンランク上の京都の文化体験を企画・運営する株式会社京都春秋は、 大徳寺本坊伽藍の特別公開を2023年4月27日(木)~6月4日(日)の期間(予定)に実施いたします。
【重要文化財】三門「金毛閣」
後醍醐天皇から「本朝無双之禅苑」と評された禅宗の名刹、大徳寺は大燈国師によって1326年に創建されました。 一休宗純や沢庵宗彭などの名僧を輩出したほか、千利休や狩野永徳など後世の日本文化に多大な影響を及ぼした人物たちが活躍した場でもあり、数多くの貴重な文化財を今に伝えます。本公開では通常非公開である、聚楽第の遺構と伝わる国宝の唐門のほか、狩野探幽が『雲龍図』を描いた法堂(重要文化財)、金毛閣(重文)を間近で拝観するなど非公開区域の伽藍の数々を、解説付きでご案内します。特に今回は、一般の立入りを初めて解禁する仏殿内部(重文)の拝観や、金毛閣をくぐり間近で歴史的建造物を拝観する機会をご用意しています。前回の公開からアップグレードされ、更に貴重な体験ができる大徳寺本坊伽藍 特別公開にご期待ください。

【実施概要】

公開期間:2023年4月27日(木)~6月4日(日)予定 10時~16時(受付終了) 休止日:なし※法務の都合で休止となる場合有り 拝観内容: 【重要文化財】金毛閣(外観のみ) 【重要文化財】仏殿 *2023年初 【重要文化財】法堂 並びに 狩野探幽筆 法堂天井画『雲龍図』 【国宝】唐門 拝観料:大人2,000円 中高生1,000円 小学校500円(保護者同伴) 公開形式:時間毎に人数を限定して入場、ツアー形式でご案内

特別公開区域

【重要文化財】三門「金毛閣」 三門とは空門、無相門、無作門の三解脱門のことを指します。大徳寺の三門は応仁の乱で焼け落ちた後、大永6年(1526)に一休和尚参徒の連歌師 宗長の寄進により、初層部分が完成されました。その60年後、千利休によって二層部分が完成し、金毛閣と名づけられました。楼上は広い一室で、釈迦如来像と、二大弟子像、さらには千利休が寄進した十六羅漢像が安置されています。天井や柱には長谷川等伯による雲竜図や迦陵頻伽(かりょうびんが)、仁王像などが一面に描かれていています。この楼上に草鞋を履いた利休像を安置したことで秀吉の怒りを買い、利休の切腹の一因になったのはあまりにも有名です。今回は、三門下をくぐり間近で拝観する機会をご用意しています。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました