【国営武蔵丘陵森林公園】12月から来春にかけて、貴重な江戸椿を含む多彩な椿が開花!

日本植物園協会ナショナルコレクション認定

埼玉県比企郡滑川町と熊谷市楊井にまたがる国営武蔵丘陵森林公園は、約500品種と関東有数の椿コレクションを有しています。その価値や管理状況等が認められ、 2022年3月28日に『江戸椿を中心とする国営武蔵丘陵森林公園のツバキコレクション』が、公益社団法人日本植物園協会により「日本植物園協会ナショナルコレクション」の第14号に認定されました。2022年12月現在、貴重な古典品種を含む椿が、園内にて咲き始めています。「椿園」および特別開放する「都市緑化植物園 第二苗圃」にて鑑賞いただけます。品種が入れ替わりながら開花が続き、冬から新緑の季節まで長い期間お楽しみいただけます。
「日本植物園協会ナショナルコレクション」認定の江戸椿のうち、紅色地に白斑の千重咲きが艶やかな‘菊冬至’(きくとうじ) ※現在開花中
埼玉県比企郡に位置し、東京ドーム65個分もの広さを誇る国営武蔵丘陵森林公園は、約500品種・約1800本と関東有数の椿コレクションを有しています。中でも、古典江戸椿として現存する約160品種のうち128品種を保存していることが自慢です。その江戸椿128品種と、その他の貴重な椿18品種が「江戸椿を中心とする国営武蔵丘陵森林公園のツバキコレクション」として「日本植物園協会ナショナルコレクション」の第14号に認定されました。
小輪の猪口咲きで控えめな美しさのある江戸椿 ‘白侘助‘(しろわびすけ)※現在開花中
公益社団法人日本植物園協会が2017年に創設したナショナルコレクション認定制度は、「野生種、栽培種に関わらず、日本で栽培されている文化財、遺伝資源として貴重な植物を守り後世に伝えていく」ことを目的としています。 次世代に残すべき価値あるコレクションとして認められた当公園の椿は、11月下旬から開花しており、品種が入れ替わりながら晩春まで咲き続けます。豪華な重弁の花形や、洗練された美しさを持つ椿を、ぜひご鑑賞ください。 国営武蔵丘陵森林公園WEBサイト:https://www.shinrinkoen.jp/

日本植物園協会ナショナルコレクションとは

日本には6,700種類を超える野生植物が自生していますが、その約1/4が絶滅危惧種に選定されており、また古くに作出された栽培品種の多くも失われつつあります。そのため公益社団法人日本植物園協会は、植物コレクションの認定、保全の制度を2017年に開始しました。審査に合格したコレクションを貴重な植物遺産「日本植物園協会ナショナルコレクション」として認定し、情報を公開、コレクションの橋渡しをすることで、長期間安定した保全を推進しています。 2022年3月28日に第14号として認定されたのが「江戸椿を中心とする国営武蔵丘陵森林公園のツバキコレクション」です。2022年5月17日に開催された日本植物園協会第57回大会において、秋篠宮皇嗣殿下ご臨席の下、認定証と盾が授与されました。 ※ナショナルコレクションリリース: http://www.syokubutsuen-kyokai.jp/nc/dl_files/nc_press_release_220401.pdf

国営武蔵丘陵森林公園の椿コレクション

国営武蔵丘陵森林公園は、約500品種と関東有数の椿コレクションを有しています。そのうち貴重な種として「日本植物園協会ナショナルコレクション」に認定されたのは、「江戸椿128品種」と「その他の18品種」を合わせた146品種です。 ●江戸椿 128品種
花の少ない12月に開花し茶花としても人気な江戸椿‘数寄屋‘(すきや)
椿は日本原産で、古くから日本人に親しまれてきました。特に、二代目将軍徳川忠秀は椿を好み、全国から椿を集め江戸城に植えたことから、諸大名そして庶民の間でも流行するようになりました。 江戸椿とは、元禄・文化文政の期間に、主に染井村(現在の豊島区)で作られた豪華な重弁の花や、洗練された美しさを持つ多彩な品種の総称です。明治に入り、植木職人・伊藤小右衛門らによって木板一枚刷りで発行された「椿花集」では、江戸椿を花形別に分類し約200品種がまとめられています。
幻のツバキと言われる江戸椿 ‘紫椿’(むらさきつばき) ※4月開花予定
当公園では、日本ツバキ協会と連携し、この「椿花集」をもとに品種の同定を行っています。現存する江戸椿約160品種のうち、8割にあたる128品種を保有しています。 <中でも貴重な品種をご紹介> ・江戸七木の‘沖の浪’(おきのなみ) ・江戸五木の‘唐錦’(からにしき) ・シーボルトが‘トライカラー’と名付けて持ち帰った‘蝦夷錦’(えぞにしき) ・「椿花集」で新花の部に載せられている‘紫椿’(むらさきつばき)他では類を見ない典型的な紫色を帯びた淡紅 ●江戸椿以外の貴重な品種 18品種
鮮やかなピンクの花の中央に黄金の雄しべが美しい ‘紅妙蓮寺’(べにみょうれんじ)※現在開花中
江戸時代の園芸ブームの先駆けとなった椿。全国各地で特徴のある品種が作出されました。 <中でも貴重な品種をご紹介> ・尾張の‘紅妙蓮寺’(べにみょうれんじ) ・久留米の古種でシーボルトが持ち帰り欧米諸国で人気を集めた‘正義’(まさよし) ・近年長崎県五島列島で見出された‘玉之浦’(たまのうら) ・学術的に貴重なユキツバキとチャの自然雑種である‘炉開き’(ろびらき)

園内2ヶ所の椿の見どころ

椿の見頃:12月上旬~4月中旬ごろ
■椿園 最寄:南口徒歩約15分 公開:通年 ■都市緑化植物園 第二苗圃 最寄:中央口徒歩約15分 公開:11月中旬~4月中旬 ※期間限定

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました