MENU

【大阪・岸和田】今年も祭が熱い!息を吞む大迫力のやりまわしを至近距離で体感!!岸和田だんじり祭ビューイングシート独占販売決定!

株式会社トライハードジャパンは、2024年9月13日(金)、14日(土)15日(日)の3日間、大阪岸和田市にて開催される「岸和田だんじり祭VIPビューイングシート」を販売いたします。

公式サイト ▶ https://www.tryhardjapanevent.com/kishiwada-danjiri

チケットは5月下旬販売予定


300年以上の歴史を持ち、日本を代表する伝統の祭事として名高い岸和田だんじり祭。だんじりが勢いよく角を曲がる豪快な「やりまわし」を大迫力で観覧出来る“カンカン場”に安心・安全にゆっくりと着席して祭を堪能できるVIPビューイングシートを設けます。例年この瞬間を一目見ようと、世界中から40万人もの人々が観覧に訪れます。今年もここでしか味わえない熱気溢れる雰囲気を是非お楽しみください!!

ビューイングシートについて

ビューイングシートはだんじりを安全な場所から間近でご観覧頂ける特別観覧席です。9月13日(金)から15日(日)までの3日間(試験曳、宵宮、本宮)にわたり、「カンカン場」に面する山側(コープ岸和田店駐車場)と海側(カンカンベイサイドモール)の2会場にて実施いたします。チケットは各種プレイガイドやOTAにて、5月下旬を目処に販売準備を進めて参ります。

岸和田だんじり祭りを世界へ発信!

岸和田では300年前から地域一丸となって「だんじり祭り」を運営し、文化を磨き続けています。2025年の大阪万博に向け、この素晴らしい伝統文化をあらゆる手段で世界に発信し、「祭りを活用した観光振興」と「文化交流」を目指し、時代と共に消えゆく一過性のイベントではなく、世界に誇れる日本を代表する観光資源として、これからも地域に根付く持続可能なお祭りの存続に寄与します。

岸和田だんじり祭の歴史

約300年の歴史と伝統を誇る「岸和田だんじり祭」は、元禄16年(1703年)、時の岸和田藩主岡部長泰(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。

岸和田だんじり祭のみどころ

だんじりは「曳き手」「鳴り物」「大工方」「前梃子」「後梃子」、合わせて500~1,000人ほどで曳行します。重さ4tにもなる巨大なだんじりをスムーズに動かすために人々が一丸となる姿は、祭りの見所のひとつです。勢いよく走りながら、直角にだんじりの向きを変える豪快な「やりまわし」は最大のみどころと言えるでしょう。彼らは長期間に渡る練習や準備を通じて絆を深め、曳行にあたっての体力を作り、危険な場面を突破する勇気を鍛えます。そして、全員の呼吸が合って初めて「やりまわし」が成功します。 地域一致団結の力が岸和田祭りを300年間支えていることが伝わる迫力の場面です。巨大なだんじりの曳行には危険も伴います。痛ましい事故も歴史に刻まれていますが、それでも岸和田市民の熱い思いは変わりません。祭囃子が聞こえれば、祭りに繰り出さずにはいられないのです。だんじり祭りは、岸和田市民にとっての誇りであり、人々の絆であるからです。こうしてだんじり祭りの伝統は、親から子へ、子から孫へと受け継がれています。

地車(だんじり)について

「岸和田だんじり祭」で使われるだんじりは、「下地車(しもだんじり)」または「岸和田型」と呼ばれます。地車は、高さ約4m、幅約2.5m、長さ約4.5m、重さ約4トンで部材のほとんどにケヤキが用いられています。それぞれの町が所有し、運用は各町の祭礼団体によって行われます。新調にかかる費用はすべて町民の寄付によるもので、岸和田市民の「だんじり愛」あってこその伝統伝承であることがうかがえます。

岸和田だんじり祭りビューイングシート概要

●日程:2024年9月13日(金)、14日(土)、15日(日)
●住所:大阪府岸和田市大北町1-3
●場所:岸和田だんじり祭り 「カンカン場」山側(コープ岸和田店駐車場)海側(カンカンベイサイドモール) 
●席種 決定後記載
●企画:株式会社TryHard Japan
●公式サイト: https://www.tryhardjapanevent.com/kishiwada-danjiri

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次