MENU

企画展だけじゃない! 収蔵品に着目した98館『日本のミュージアムを旅する』を発刊

インプレスグループで鉄道・旅・歴史などのメディア事業を展開する株式会社天夢人は、2024年2月16日に、『日本のミュージアムを旅する』(後藤さおり・著)を刊行いたしました。

収蔵品に着目し、旅人目線で選んだミュージアム

全国には数多くのミュージアムがあり、優れた美術品などを収集・保存し、それらを広く公開しています。コンセプトを掲げて収集している美術品は、それぞれの館の特徴でもあり、その魅力を表すものです。
本書では、各施設が収蔵するコレクションを中心に紹介しています。個性豊かでその地域の特性を感じられるミュージアムは、旅の目的としても最適です。ひとりでも、友達や家族との旅行でも、多彩な楽しみ方は旅のアクセントになるはずです。

■個性豊かで地域色あふれるミュージアムを楽しもう

【紙面サンプル】

各施設のコレクションや見どころ、アクセス等のデータを掲載

エリア別のモデルコースやミュージアムコラムを紹介

巻末にはお土産にも人気のミュージアムグッズを掲載

【目次】

【北海道】北海道立近代美術館/北海道立三岸好太郎美術館/安田侃彫刻美術館 アルテピアッツア美唄/札幌芸術の森美術館/ウポポイ(民族共生象徴空間)/北海道立函館美術館/北海道立旭川美術館/中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館/北海道立帯広美術館◎北海道モデルコース【東北】青森県立美術館/八戸市美術館/岩手県立美術館/十和田市現代美術館/石ノ森萬画館/秋田県立美術館 平野政吉コレクション/秋田県近代美術館/山形美術館/土門拳記念館/福島県立美術館/諸橋近代美術館◎東北モデルコース【関東】茨城県近代美術館/栃木県立美術館/宇都宮美術館/群馬県立近代美術館/群馬県立館林美術館/埼玉近代美術館/千葉県立美術館/ホキ美術館/千葉市美術館/東京国立博物館/東京国立近代美術館/東京都現代美術館/世田谷美術館/板橋区立美術館/横浜美術館/彫刻の森美術館/神奈川県立近代美術館/横須賀美術館◎関東モデルコース【北陸・甲信越】新潟県立近代美術館/富山県立美術館/富山市ガラス美術館/富山県水墨美術館/石川県立美術館/金沢21世紀美術館/福井県立美術館/松本市美術館/山梨県立美術館/長野県立美術館/安曇野ちひろ美術館◎北陸・甲信越モデルコース【東海・中部】岐阜県美術館/岐阜県現代陶芸美術館/多治見市モザイクタイルミュージアム/静岡県立美術館/静岡市立芹沢銈介美術館/MOA美術館/愛知県美術館/名古屋市美術館/徳川美術館/三重県立美術館◎東海・中部モデルコース【関西】滋賀県近代美術館/京都国立博物館/京都国立近代美術館/京都府立堂本印象美術館/大阪中之島美術館/兵庫県立美術館/市立伊丹ミュージアム/入江泰吉記念奈良市写真美術館/奈良国立県立博物館/和歌山県立近代美術館◎関西モデルコース【中国・四国】鳥取砂丘砂の美術館/植田正治写真美術館/島根県立美術館/足立美術館/岡山県立美術館/倉敷市立美術館/大原美術館/夢二郷土美術館 本館/広島県立美術館/ひろしま美術館/広島市現代美術館/山口県立美術館/山口県立萩美術館・浦上記念館/徳島県立近代美術館/大塚国際美術館/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/香川県立ミュージアム/愛媛県美術館/高知県立美術館◎中国・四国モデルコース【九州・沖縄】福岡県立美術館/田川市美術館/佐賀県立美術館/長崎県美術館/大分県立美術館/熊本市現代美術館/熊本県立美術館/宮崎県立美術館/鹿児島県霧島アートの森/沖縄県立博物館・美術館◎九州・沖縄モデルコース◇かわしい! 楽しい! ミュージアムグッズ〈Column〉ミュージアム×建築の相乗効果/進化するアートを五感で楽しむ/泊まれるアートで特別な時間を/地域とつながるアートの魅力

【著者紹介】後藤 さおり(ごとう・さおり)トラベルライター。栃木県出身。現在は兵庫県神戸市在住。大学で歴史を学んだのち出版社に勤務。その後、旅行雑誌やタウン誌のライター・編集などを経て、主に国内の旅行記事を執筆。得意なジャンルは観光全般、鉄道・グルメ・祭・歴史。著書に『気軽に行きたい四国遍路旅』(天夢人)

【書誌情報】書名:『日本のミュージアムを旅する』仕様:四六判 160ページ定価:1,760円(本体1,600円+税10%)発売日:2024年2月16日全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。https://amzn.to/3TygMJa

【株式会社天夢人】 https://www.temjin-g.co.jp/2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次