冬だからこそバイクで行きたいツーリングルート~大洗・日立

あんこう鍋と冬でも走りやすい爽快路

北関東自動車道の水戸大洗ICで下りて、国道51号線で大洗へと向かいます。大洗には大洗サンビーチやマリンタワーがありますが、この時期立ち寄りたいのが、あんこう鍋が食べられるお店です。西のふぐ鍋、東のあんこう鍋と言われますように、冬の代表的な鍋料理で、特に12月~2月が旬で、淡白でぷりぷりなあんこうの身を食べられます。ちょうど大洗港の北側にはあんこう鍋を食べられます食事処が数多く点在していますので、事前にご確認をされておくことをお勧め致します。また、大洗港の周辺では牡蠣も食べることができます。
あんこう鍋
さて、大洗港を過ぎ海沿いの県道173号線を進んで行きますと、インスタ映えで有名になりました神磯の鳥居が海に立っていますが、普通に見れば、普通の鳥居ですので過度な期待はなされないように。
神磯の鳥居
その先の道沿いにあります無料駐車場はベンチもあり、のんびりと海を眺めることができます。そのまま進みますと大洗水族館があり、道の突き当りを右折して海門橋を渡ります。那珂湊市に入り魚市場がある漁港方面の海側の道を走りますと、やがて県道6号線に合流します。岩礁が綺麗な高磯や平磯海岸があり、県道から海に下りることもできます。
平磯海岸
しばらく海沿いを走る県道6号線を走って行きますと、磯崎漁港の近くに樹木が覆うようにしてトンネルになっています酒列磯前神社がありますので、是非立ち寄って行きたいところです。
酒列磯前神社の参道
駐車場が分かりづらいですが、本殿近くに参拝用の駐車場があります。また、参道の途中には海が見える鳥居もあります。
酒列磯前神社の海の見える鳥居
また、近くには金の鳥居が並ぶほしいも神社やひたちなか海浜鉄道の終着駅の阿字ヶ浦駅などもあります。そして、再び海沿いを通る県道6号線を走りますと、阿字ヶ浦、ひたち海浜公園などを通り過ぎます。
ほしいも神社
ちなみに初春にはなりますが、3月中旬にはひたち海浜公園の菜の花が綺麗に咲き誇り、その後、4月中旬~5月上旬にはネモフィラの花がみはらしの丘いっぱいに咲き誇り、多くの観光客が訪れます。入園料もリーズナブル(450円)で二輪駐輪場(南口)がエントランスに近い場所にあるということもあり、バイクでも立ち寄りやすい場所です。
ひたち海浜公園の菜の花
やがて国道245号線に突き当りますので、右折して北茨城を北上します。そのまま原子力施設が並ぶ東海村を過ぎ、久慈川を渡りひたち市に入ります。ここで久慈川を渡ってすぐに川沿いに上流方面へと進みますと、JR常磐線の線路を越した先に、菜の花緑地公園があります。
菜の花畑
菜の花~というだけあり、多くの菜の花が咲き誇りますが、見頃は4月から5月になります。さて、再び国道245号線に入り北上し、途中、久慈浜海水浴場を過ぎたあたりで海沿いに続く細い道に入ります。その先に古房地公園があります。園内の見晴らし台からは太平洋の好眺望が望めるほか、園内には白亜の日立灯台が立っています。
ひたち灯台
また、 古房地公園から再び国道245号線に入り、少し走った先の内陸部に泉神社があります。ここの湧き水の綺麗な泉はパワースポットとも言われ、多くの来訪客が訪ねています。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました