冬だからこそバイクで行きたいツーリングルート~清水・焼津

美味のマグロと富士山の絶景

マグロといいましてもいろいろな種類がありますの一概には言えませんが、例えば本マグロの旬はおおよそ12月~2月で、やはりこの時季に食べるマグロは特に美味しいものです。実はマグロの漁獲高日本一は静岡県。その中でも清水港や焼津港は、まごろの水揚げ高が多い港です。今回は、この二つの港を行きつつ、道中の富士山の好眺望スポットを巡る、冬の時季ならではのツーリングコースをご紹介いたします。
日本平から見た富士山
新東名の新清水ICで下りて県道52号線を南下。途中、東名高速の手前の一般道を左折して、興津川を渡り薩埵峠へ。5~6台の車が止められる駐車スペースがあり、そこから徒歩5分ほどで展望台に着きます。
薩埵峠
好天であれば、東名高速を眼下に、江戸時代に歌川広重が東海道53次(由井宿)で描いた富士山の絶景を望むことができます。そして、時間があれば、そのまま東へと向かい、幕末に山岡鉄舟が逃げ込んだ望嶽亭 藤屋や、脇本陣 柏屋、景観の良い宝積寺などがのある観光化されていない雰囲気のある町中を通り、そしてそのまま旧東海道を進みますと、由井川を越えて広重美術館などがある由井宿の一角に着きます。雰囲気が良いのでぜひ、立ち寄りたい場所ですが、 薩埵峠から東へ向かう道が狭いのと、ちょうど 望嶽亭 藤屋 へと下る坂道が急なので、走行にはご注意を。
由井宿にある由井正雪生家の正雪紺屋
さて、国道1号線(バイパス)に入り海沿いを走ります。そして、清水マリンロードという清水港内を走る道に入り、清水港に。清水港周辺には美味しいマグロが食べられる食事処が点在していますが、行きやすいのは港にある清水魚市場。大型駐車場完備で、安くて美味しいマグロを食べることができます。
マグロ丼
清水と言えば、富士山の絶景地として名高い日本平がありますが、まずは世界遺産にも認定されています三保の松原へと向かいます。三保の松原のある小さな半島をぐるりと回りますと、好眺望の清水三保海浜公園や清水灯台があり、そして三保の松原に着きます。
清水三保海浜公園より富士山を望む
無料の駐車場から歩いてすぐに、天女の羽衣伝説で有名な「羽衣の松」があります。そして、海岸に出ますと、まさに富士山と松林とのコントラストが見事な絶景を望むことができます。ちなみに、三保の松原から駿河国三之宮 御穗神社へと続く、「神の道」という映える参道もあります。
三保の松原から富士山を望む
さて、三保の松原を後にして日本平へと向かいますが、時間があれば、シーサイドロードを走って日本平の麓にあります久能山東照宮に寄って行くのもあり。久能山東照宮は三大東照宮のひとつで、境内には国宝もあります。また、久能山東照宮の奥からロープウェイに乗って、山頂の日本平に行くこともできます(往復1,250円)。
久能山東照宮
さて、日本平の東側、三保の松原方面から清水日本平パークウェイを走って頂上へと向かいます。この辺りでは随一の峠道ですが、道が短めで見通しが悪く、路面状況も今一つなので、残念ながら爽快な走りは出来ません。でも途中で視界が開けて富士山の好眺望を望めます。但し、止められる場所がないので、そのまま通過しなければなりませんが…
清水日本平パークウェイ
そして、日本平に到着。魅了駐車場にバイクを止めて山頂部にあります日本平夢テラス(無料)まで歩きます。そして、夢テラスに入り、3Fラウンジから、この時季ならではの冠雪した富士山の絶景を望むことができます。
日本平夢テラスより富士山を望む
日本平を後にして、日本平パークウェイの今度は西側を走り下山します。その少し先に登呂遺跡があります。道傍にあり、無料でパッと見れますので、道中で立ち寄られるのもありかもしれません。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました