【サウナで年越し】除夜の鐘を聞きながらの「108回の熱波」で煩悩を吹き飛ばし、2023年初「ととのう」を喜助の湯で迎えよう!

数々の熱波イベントで好評の「伊予の湯治場 喜助の湯」(愛媛県松山市)が、2022年12月31日23時55分から、男女サウナ室にて年越しの熱波イベントを開催します。

「伊予の湯治場 喜助の湯」(愛媛県松山市)を展開する総合エンターテイメント企業・キスケ株式会社(本社:愛媛県松山市、 代表:山路義則)は、 2022年12月31日23時55分より、 恒例の「除夜のか熱波」イベントを開催します。 今回で7年連続7回目の開催となる「除夜のか熱波」は、 年越しの除夜の鐘を聞きながら、 サウナ内で大うちわによる「熱波」を浴びるイベントです。 除夜の鐘にあやかった108回もの熱波で、 日頃の疲れやストレスを煩悩とともに吹き飛ばしましょう! 参加費は無料で、 男性30名、 女性15名の受付先着制です。

■大晦日 除夜のか熱波

日時:2022年12月31日(土)23時55分~ *同日22時00分からフロントにて参加受付開始 場所:伊予の湯治場 喜助の湯 男女サウナ室 参加費:無料(入浴料金は別途必要)

お客様への感謝の気持ちから始まった「除夜のか熱波」が今年も開催決定!

近年は定員いっぱいの盛況となる「除夜のか熱波」。その始まりは約6年前の大晦日、1人のサウナー(サウナ好き)のお客様への、当社スタッフのサービスから始まりました。 大晦日は、NHK「紅白歌合戦」を見ながら暖かいコタツに入って年越しそばを食べ、年越しを迎えるのが世間では一般的かもしれません。しかし、サウナ入浴が生活のルーティンとなっている生粋のサウナーにとっては、大晦日も365日のうちの1日。コタツではなく熱々のサウナ室に入り、年越しの瞬間もサウナ室の中で、いつもと変わらない瞬間として迎えます。 それを見ていた当社のスタッフが、「年越しの瞬間まで、いつもと変わらず利用してくださり本当にありがたい」との思いから、「特別に『熱波』しましょうか?」とお声がけしたことが、「除夜のか熱波」のはじまりです。スタッフによる感謝の気持ちからはじまったイベントが、今では毎年恒例のイベントとして定着しています。 108回の「除夜のか熱波」を浴びながら、ぜひ2023年への年越しをサウナ室で過ごし、2023年の初「ととのう」を迎えませんか? 今年もスタッフが精いっぱい、1年の感謝の気持ちを込めて熱波を送らせていただきます!
▲大うちわでお客様に熱波を送るスタッフのイメージ

「除夜のか熱波」を支えるマネージャーの想い

この「除夜のか熱波」に最初から携わったスタッフは現在、マネージャーとして勤務しています。今年で7回目を迎える「除夜のか熱波」に対する熱い想いを聞いてみました。 ――「除夜のか熱波」のイベント運営は何回目ですか? 「今治店に配属になっていた1年分を除いて、6回のイベント運営に携わっています。今では、『除夜のか熱波』のために大晦日に来店されるお客様もいます。常連のサウナーさんは、『3年連続参加中なので、今年参加すれば4年連続です!』と今年も楽しみにしているそうです。」

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました