【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】神戸港の安全と平和を見守り続ける日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」をひょうご安全の日である1月17日に一般公開

28年前、阪神・淡路大震災で被災した旧「オリエンタルホテル」から継承

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区)は、 1995年の阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから受け継いだ、 日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」を、 ひょうご安全の日である2023年1月17日(火)に一般公開いたします。 この灯台は、 海上保安庁から正式に認可を受けており、 震災後も28年間一日も休むことなく神戸港の安全と平和を今も見守り続けています。 神戸に立つホテルとして、 「ホテルに建つ公式灯台」の一般公開を通じて、 震災の記憶を次世代に継承してまいります。
夕暮れの灯台

灯台公開の概要

【日時】2023年 1月 17日(火)15:00~17:00 【場所】館内14階 バルコニー 【お問い合わせ】078-325-8111(ホテル代表) 【URL】https://www.kobe-orientalhotel.co.jp/ ※上記時間内どなたでもご見学いただけます。 ※状況により公開を中止させていただく場合がございます。 最新情報はホテル公式サイトにてご確認ください。 ※予約不要、参加費無料 ※雨天時決行、荒天時中止

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 灯台の歴史について

1964年、旧「オリエンタルホテル」が神戸市中央区京町に移転した際  “港町・神戸のシンボルに” と、日本で初めてホテルの屋上に設置。1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災で旧「オリエンタルホテル」は被災し、営業停止をやむなくされました。しかし、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへの継承が決定。1995年(平成7年)7月7日、神戸メリケンパークオリエンタルホテルのオープニングレセプションの日、午後7時7分に777発の花火とともに灯台は点灯を再開しました。その日から灯台は、一日も休むことなく神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。
旧オリエンタルホテル

【 旧「オリエンタルホテル」の歴史 】

オリエンタルホテルは何度も移転を繰り返し、1964年(昭和39年)には京町25番地へ移転。その際、第5代社長に就任していた日本郵船の安部正夫氏が、“港街・神戸のシンボルに”という想いのもと、日本で初めてホテルの敷地内に建つ公式灯台が設置されました。1995年(平成7年)1月17日に阪神淡路大震災が発生し、ホテルは全壊、営業停止となりました。

【 灯台とともに、旧「オリエンタルホテル」から受け継いだもの】

歌碑
・昭和天皇の歌碑 1956年(昭和31年)に昭和天皇がご来神された際、御宿舎である旧「オリエンタルホテル」の屋上から、神戸みなと祭・海上提灯行列の夜景をご覧になられた印象を、翌年(昭和32年)、宮中歌会始の儀に「灯」の御題のもとにお詠みになられた歌碑は、灯台とともにホテル14階南側バルコニーに設置しております。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました