【すごいな!長野県】信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査(2022年調査結果)

JAFが実施した「交通マナーに関するアンケート調査」(2016年6月)の設問の中で、「信号機のない横断歩道で歩行者がわたろうとしているのに一時停止しない車が多い」と思う方は86.2%(「とても思う」が43.7%、「やや思う」が42.5%)に達し、このような場面で一時停止しない車が多い傾向でした。この実態を把握すべく「信号機のない横断歩道」に着目し、2016年から全国で実態調査をしています。今後、横断歩行者の事故や死傷者の減少の一助となるよう「信号機のない横断歩道」における車の一時停止率の向上をはかって参ります。 【調査期間】 2022年8月10日~8月31日のうち、月曜日から金曜日の平日のみ 【調査場所】 各都道府県2箇所ずつ(全国合計94箇所)の信号機が設置されていない横断歩道 ※センターラインのある片側1車線道路で、原則として、調査場所の前後5m以内に十字路および丁字路交差点がない箇所で、道路幅員が片側2.75m~3.5m、交通量が3~8台/分(目安)とし、制限速度が時速40~60km程度の箇所 ※詳細の調査場所は非公表 【調査対象】 上記の横断歩道を通過する車両 ※横断歩行者側の車線を走行する自家用自動車、自家用トラック(白ナンバー) 【調査方法】

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました