MENU

「SL大樹」C11形123号機が車掌車を付けずに運行開始!

東武鉄道では、SL大樹・SL大樹「ふたら」として運行しているSLの後部に、現代の鉄道システムに欠かせない自動列車停止装置(ATS)を搭載した「車掌車(ヨ8000形)」を連結し、安全な運行を図っておりましたが、この度、「C11形123号機」に自動列車停止装置(ATS)を搭載したことから、「C11形123号機」については、4月13日(土)より「車掌車(ヨ8000形)」を連結せず運行を開始しました。
これにより、SLが直接客車を牽引することとなり、迫力のあるSL走行をお楽しみいただけます。

車両編成の変更日

2024年4月13日(土)から

 変更内容

C11形123号機については、SLの後部に連結している「車掌車(ヨ8000形)」を連結せずに運行いたします。

 その他

今後の運行状況(運転日・編成予定等)の詳細については、SL大樹公式サイト等をご確認ください。

   ※ 当日の車両状況により、使用する車両が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次