MENU

【御船印×JMETS】コラボ船印帳 “第二弾” となる「帆船・海王丸」を販売開始!

目次

JMETSの練習船「海王丸」、竣工35年を記念した公式船印帳を3月15日より先行販売します。

御船印めぐりプロジェクト事務局は、国の船員教育機関である独立行政法人 海技教育機構と共同で、公式船印帳「帆船・海王丸」を制作し、2024年3月15日より先行販売を開始します。 

実際の練習船「海王丸」

島国・日本における海運は、安定的な社会運用を支える重要な柱で、JMETSはその担い手となる船員教育を行っています。事務局では、船員教育を支援する施策の一つとして、21年10月にJMETSと公式船印帳「日本丸の壱(帆船・日本丸)」を制作し、発売しました。今回は、引き続き船員教育の重要性を周知し、旅客船業界の継続的な発展と活性化のため、JMETSの練習船「海王丸」が24年9月に竣工35年を迎えるにあたり、コラボ船印帳第二弾として「帆船・海王丸」を販売します。 
販売は、3月15日(金)よりJMETS 公式ホームページから通信販売で購入でき(先行販売)、練習船の寄港イベントを行う港にて広報ブースを設置した際にも購入可能です。また、御船印に参加する船社でも4月25日以降に随時取扱を開始する予定です。

公式船印帳「帆船・海王丸

練習船「海王丸」は、JMETSが運航する日本を代表する大型帆船です。船員の育成を通して海洋立国日本を支えるため、1930(昭和5)年に「日本丸」とともに建造されました。「海王丸」は「日本の海の王者にふさわしい船にしたい」という期待を込めて命名されました。59年間にわたって新人船員を育てててきた初代「海王丸」の後継として、1989年(平成元年)に2代目「海王丸」が就航。2024年9月に竣工35年を迎えます。これまで青少年のための海洋教室や体験航海でも活用され、23年には「海王丸」「日本丸」がデザインされた御船印も販売され、海事思想の普及に大きな役割を果たしています。

御船印めぐりプロジェクト事務局では、「海王丸」や「日本丸」を通して船員教育の重要性を周知し、継続的な旅客船業界の活性化を支援するため、JMETSと共同でさまざまな取り組みを実施しています。

海王丸イルミネーション

<公式船印帳「帆船・海王丸」の商品概要>

公式船印帳「帆船・海王丸」表と裏

スカイブルーの箔押しを使用し、凛とした海王丸の姿と竣工35年を記念したデザインに仕上げました。船印帳「日本丸の壱」とのシリーズ感も演出しています。

品名:「帆船・海王丸」
販売開始時期:2024年3月15日(金)*通信販売(販売方法をご覧ください)
希望小売価格:2,200円(税込)
サイズ:横12cm×縦18cm×厚さ1.5cm
仕様:蛇腹式(最大46枚の御船印を貼付け可能)、ビニールカバー付き

<販売方法>

○JMETS 公式ホームページにて通信販売

通信販売は数量限定となります。詳細はJMETSホームページをご覧ください。
  https://www.jmets.ac.jp/goods/senincho.html

○JMETS 練習船寄港イベント開催地

販売日時はJMETSホームページでお知らせします。

○御船印プロジェクト参加社でも2024年4月25日以降順次取扱予定。

※すべての参加社が取扱予定ではありません。詳細は御船印ホームページの「参加社リスト」に掲載している「公式印帳取扱」一覧をご確認ください。

<JMETSについて> 

JMETSは船員教育を行う国の機関。全国に海技大学校を含む8つの船員教育施設を持ち、帆船を含む大型練習船5隻を運航する日本最大級の船員教育機関です。帆船の「日本丸」や「海王丸」を含む大型練習船において、海運業界のニーズを踏まえながら、国際条約や国内法に基づく航海訓練を一元的に実施し、実践的な技能の習得に努めています。

<御船印めぐりプロジェクトとは>

神社仏閣を参拝した証として集められる御朱印の船バージョンが「御船印」。現在120超の日本各地の船会社・海事博物館が参加し、オリジナルで印を発行して窓口や船内などで販売しています。印のデザインは、各社の特徴を表現したものであり、航路や船体、観光地のシンボルなどが描かれています。また、御船印集めに便利な「公式船印帳」も各種販売中。集めた御船印の数だけ思い出が増える、新しい船旅の楽しみ方が「御船印めぐり」です。

 各社の発行場所や料金、公式船印帳の取り扱い場所、マスター制度については公式HPをご覧ください。

 公式HP: https://gosen-in.jp

 ※「御船印」「船印帳」は登録商標です。((C)御船印めぐりプロジェクト事務局)

 ※船体画像提供:(独)海技教育機構

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次