冬だからこそバイクで行きたいツーリングルート~南伊豆

河津桜と菜の花、そして爪木崎の水仙

首都圏から寒い冬に行くツーリングといえば、やはり太平洋岸。その中でも、房総半島と伊豆半島は鉄板のツーリングエリアですが、この時季だからこそ行きたいのが爪木崎の水仙と河津桜です。どちらも冬場でしか見れない花ですが、爪木崎の水仙は今(1月初旬~中旬)が見頃で、河津桜は2月初旬~3月初旬が見頃よいうことで、両所を同時に楽しむのは難しいですが、それでも、この時期にしか見れない風景ということでツーリングで訪ねたい場所でもあります。
国道135号線から伊豆大島を望む
伊豆スカイラインは、この時期、凍結や凍結防止剤などが怖いため、東伊豆の海沿いから行くとなりますと。小田原(早川IC)から河津までは約82kmで2時間20分ほどかかります。対して東名高速の沼津ICから伊豆縦貫道を走り河津までは約65kmで1時間20分ですので、有料にはなりますが、出発地によっては伊豆縦貫道での河津、爪木崎方面へのアクセスがお勧めです。
伊豆縦貫道
但し、河津桜シーズン時の休日、または平日でも通勤時間帯は混んで渋滞しがちですので、朝、早めにアクセスされる方が良いかと思います。特に河津桜のシーズン時は、河津桜まつり会場から河津七滝ループ橋を超えて10km以上渋滞することがありますので、ご注意を。
河津七滝ループ橋
伊豆縦貫道の終点の月ヶ瀬ICで下りて、国道414号線を南下します。ここから河津までは約28kmになります。道沿いには浄蓮の滝や滑沢渓谷などの景勝地がありますが、遅くなるほどに河津方面が混みやすいので、ここはどこも立ち寄らずに一気に河津に向かいます。もし立ち寄られたい場合は復路で、帰路渋滞の状況を見ながら立ち寄られた方が良いかと思います。
浄蓮の滝
そして、河津七滝ループ橋を超えて、河津に着。河津川沿いに850本もの早咲きの河津桜が咲き、2月には河津桜まつりが行われて多くの観光客が訪れます。ですので、お勧めは桜まつりが行われる直前の1月末か終わった後の3月初旬。桜の開花状況を見つつ、訪ねられるのが良いかと思います。特に3月初旬であれば、桜と菜の花のコラボレーションを見れる可能性が高いです。
河津桜と菜の花
河津町内の桜もいいですが、先の国道136号線沿いにあります南伊豆町の下賀茂温泉の「みなみの桜と菜の花まつり」もお勧めです。河津町と違って電車が通っていないため、来訪者は河津よりもやや少ない感じです。そして、青野川沿いにこちらも河津桜と菜の花のコラボレーションを楽しめます。とはいえ、やはり2月から3月初旬にかけて行われます「みなみの桜と菜の花まつり」時は混雑が予想されますので、とりあえず、一気にここまで走って早めに到着されることをお勧めします。
みなみの桜と菜の花まつり
さて、下賀茂温泉からは2パターンのルートがあり、そのままピストンで往路を戻るか、それとも時間があれば国道136号線を西に進み、石廊崎をぐるっと回って戻るルートがあります。もちろん、西伊豆の海沿いを走って戻るルートもありますが、菜の花や水仙を見る場合は混雑も予想されますので、今回は余裕をもって伊豆縦貫道往復のルーティングをご紹介させて頂いております。宿泊などで時間があれば、そのまま雲見や土肥経由や、凍結していなければ西伊豆スカイラインを走って沼津に戻るルートもあります。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました