■2023年式 トライアンフ スピードツイン900に乗ってみました part2

ブリティッシュツインサウンドと鼓動を楽しめる現代版のトライアンフのクラシカルテイストなバイク

水冷 SOHC 2 気 筒 8 バ ル ブ 270 ° クランク 900 ccのエンジンを搭載。最高出力は65 PS (48 kW) @ 7,500 rpm、最大トルクは80 Nm @ 3800 rpmを発生します。

ハンドルを含む横幅が780mmと細身で、一体型シートも肉厚で、特にリアも着座しやすいです。シート幅がありますのでシートバッグも積載しやすいですが、やはりクラシカルテイストのバイクにはサイドバッグが似合います。

メーターはアナログのスピードメーターの中にデジタル系があり、燃料計やオドメーター、そしてライディングモード(ROAD、RAIN)が表示されています。モノクロ表示で明るいところでパッと見ると見づらい場合もありますが、逆にアナログメーターの視認を邪魔することがなく、アナログ一眼メーターの雰囲気を醸し出しています。

ハンドル位置もとてもニュートラルな感じです。一文字的なハンドルですが、コントロールがしやすく、ハンドル操作もしやすいです。

ROADとRAINの2種類のライディングモードがあり、左グリップにあるボタンを押すだけで切り替えられます。切替式トラクションコントロールやトルクアシストクラッチ、キー内蔵式イモビライザー、そしてシート下にはUSB電源を装備。オプションでグリップヒーターなどを付けることもできます。

そして、何と言っても秀逸なのがその足付き性です。765mmという低いシート高で、しかもシートの前端が細くなっているので、足付き性が抜群に良いです。これは大きな特徴かと思います。

タイヤはミシュランのロードクラシックを装着していて、とても汎用度が高いです。

さて、セルを回してエンジンをかけてみますと、思った以上に図太い排気音と荒々しく車体が震えます。これがまた素晴らしいです。

SOHCのツインエンジンが奏でる独特のブリティッサウンドが◎です。

クラッチを繋げて走り出してみました。トルクアシストクラッチとライドバイワイヤスロットルのおかげでクラッチは軽い力でも繋ぎやすく、アクセルもコントローラブルです。

そして、図太いエグゾーストノートとお腹に響く振動。まさにビッグツインバイクの乗っている感が満喫できます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました