■磐梯吾妻スカイライン~磐梯吾妻レークライン~磐梯山ゴールドライン[爽快ツーリング]

南東北を代表する爽快ツーリングエリアの裏磐梯。磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン、磐梯山ゴールドライン、西吾妻スカイバレー、母成グリーンラインなど多くの爽快路があります。浄土平や五色沼などの見どころも多く、国内を代表するツーリングエリアです。

磐梯吾妻スカイライン(浄土平)

東北自動車道の福島西ICを下りて、県道70号線を走り、磐梯吾妻スカイラインの起点でもあります高湯温泉へと向かいます。今回、磐梯吾妻スカイライン~ 磐梯吾妻レークライン~ 磐梯山ゴールドラインと定番のルーティングのご紹介にはなりますが、やはり裏磐梯に行くなら浄土平は外せませんし、定番ならではの良さがあります。高湯温泉は玉子湯や薬師の湯など特徴的な温泉や、無料の足湯のあったか温泉公園などがありますので時間があれば立ち寄り湯をしていくのもいいかもしれません。

高湯温泉 玉子湯

そのまま県道70号線が磐梯吾妻スカイラインになります。磐梯吾妻スカイラインは高湯温泉から土湯峠までの約29kmを繋ぐ平均標高1,350mの山岳ワインディングロードで、福島の市街を眼下に望みながら、日本離れした荒涼感のある浄土平の中を走る絶景路です。さて、磐梯吾妻スカイラインを走り高度を上げていきますと、不動沢橋がかかるつばくろ谷があります。近くに駐車場がありますので、そこからつばくろ谷と不動沢橋を望むことができます。

不動沢橋

磐梯吾妻スカイラインを走って行きますと、やがてヘアピン路を過ぎて荒涼感漂う場所に出ます。そして浄土平に入ります。

浄土平

火山性ガズが噴出している浄土平の区間は駐停車禁止になります。また、ガスの噴出力が多いと浄土平の区間は通行止めになりますので(迂回路もないので)、事前に情報を確認しておくことをお勧めいたします。

磐梯吾妻スカイライン

やがて、浄土平レストハウスの到着。駐輪場は有料にはなりますが、ここから浄土平の景観を望むことができます。再び磐梯吾妻スカイラインを走り、磐梯吾妻道路 道路最高点の標高1,622.0M(道にペイントされています)の場所を越えて、吾妻八景と言われている各名所を過ぎて行きますと、磐梯吾妻スカイラインの終点の土湯峠に着きます。そのまま県道70号線を走りますと国道115号線に入り、国道を左折して少し走りますと右側に磐梯吾妻レークラインの入口がありますが、少し先の母成グリーンライン(県道24号線)を左折しますとすぐに坊主ヶ滝があります。

坊主ヶ滝

また、その先の中沢温泉で達沢川沿いの道にオフセットして5kmほど走りますと達沢不動滝駐車場に着き、ここかた徒歩10分ほどで達沢不動滝に到着します。

達沢不動滝

達沢不動滝は高さ16mほどの滝ながら、とても美麗な滝で、特に紅葉時は絶景で多くの観光客が訪れます。さて、磐梯吾妻レークラインですが、秋元湖や小野川湖の近く通る約13kmの県道で、レークラインという名前にはなっていますが、ほぼ全線が樹林に阻まれていて周囲の景観はあまり望めません。

磐梯吾妻レークライン

唯一、秋元湖の展望所と三湖パラダイスの展望所、そして、 小野川湖沿いのところどころで樹々の間から湖を望むことができます。

秋元湖の西湖畔の展望台より

平坦路ながらカーブが続き、走って楽しい道です。但し、野猿が急に道を横切ることもありますので、スピードにはご注意を。また、 磐梯吾妻レークライン の見どころと言えば、同道の中間地点あたりにあります中津川渓谷です。

中津川渓谷

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました