■やまなみハイウェイ(ツーリングルート)

日本を代表する、爽快な高原路

九州はもちろん、日本を代表する爽快な高原路で、雄大な阿蘇の山々の屋根を走るツーリングロードです。周辺には阿蘇ミルクロードや菊池阿蘇スカイライン、阿蘇パノラマライン、ぐるっとくじゅう周遊道路などなど、数多くの爽快路がありますが、名実ともに阿蘇を満喫できる見どころ満載の絶景ロードです。湯布院から瀬野本高原までの約42km、もしくは湯布院からJR宮地駅前までの約60kmの区間がやまなみハイウェイとして一般的ですが、今回は、広義的な意味での大分県別府市汐見町の国道10号線の交線から国道500号線(別府一の宮線)からJR宮地駅前までの約102kmの区間をご紹介いたします。

大分県の別府湾沿いを走る国道10号線より国道500号線(別府一の宮線)に入ります。市街地を走って行きますと、やがて別府温泉の著名地、別府地獄めぐりの地に着きます。地獄とは様々な奇観の源泉池で、中でも、海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つの地獄が「別府の地獄」として国の名勝に指定されています。

そのほかにも、鬼石坊主地獄やかまど地獄など、特徴的な地獄が多数点在しています。そして、国道500号線をそのまま進みますと、ブクブクと音を立てている泥湯に浸かれる鉱泥温泉があります。時間があれば、記念に浸かっていかれるのも良いかと思います。さて、鉱泥温泉の前から県道11号線に入ります。東九州自動車道を越えるところを右手に曲がり扇山さくらの園駐車場から200mほど歩いたところに綿津海乙姫観音という亀の上に立つ観音石像があり、別府市街と別府湾を眼下に望むことができます、

再び県道11号線に戻り、南下しますと、東自動車自動車道の別府ICを過ぎます。別府ICの近くには、桜湯や堀田温泉、夢幻の里・春夏秋冬、白糸の滝温泉などの気持ちの良い温泉がいくつもありますので、温泉好きな方は、是非立ち寄って行きたいところです。再び、県道11号線を進んで行きますと、別府ロープウェイ乗り場に着きます。ロープウェイ(往復1600円)に乗って10分ほどで山頂駅に到着。東展望台からは別府湾の好景観が、山頂駅から階段を10分ほど登りますが山頂展望台からは由布岳の好眺望を望めます。

鶴見岳から別府湾を望む

また、別府ロープウェイ乗り場から県道11号線を南下して行きますと、火男火売神社中宮鳥居があり、そこをバイクで登って行きますと火男火売神社中宮鳥居があり、歩いて10分ほどで雰囲気のある火男火売(ほのおほのめ)神社中宮(御嶽権現)に着きます。 火男火売神社中宮鳥居から県道11号線を西に向かいますと、やがて城島高原を通り、猪ノ瀬戸湿原に。そして、そのまま県道11号線を走り、由布岳の南麓を走ります。

猪ノ瀬戸湿原

由布岳が見え隠れしながら山麓を爽快に走るこの区間は、別府川から走った際のやまなみハイウェイ最初の爽快スポットと言っても過言ではないかと思います。

由布岳山麓の道

特に、由布岳正面登山口あたりからの由布岳の景観、そして、その先の左側から狭路ですが雨乞牧場(牧場は一般車立入禁止)へと向かい道の道中の由布岳展望所やその先の展望台から見る由布岳の景観は絶景です。

由布岳展望所より

ちなみに県道11号線を走りますと狭霧台の駐車場があり、由布岳のビュースポットがあります。

狭霧台から見る由布岳

やまなみハイウェイとして、狭霧台の先で県道11号線と分かれ、そのまま県道216号線に入ります。やがて、湖上に石鳥居が立つ金鱗湖沿いを通ります。

由布岳西登山口を過ぎた先で、県道216号線からオフセットしてたけもと通りに入りますと、1950~60年代の湯布院昭和館(入館料500円)があり、そのまま地元の工芸品などが販売されている風情のある湯の壺街道を走って行きますと、JR由布院駅に着きます。ここからも由布岳がとても綺麗に見ることができます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました