【静岡県】「初島漁師の丼合戦」2/11(土)開幕。すぐ行ける離島「初島」で海鮮丼を食べ比べ。

現在開催中の「ピングー」コラボも4/2(日)まで期間延長決定!!

熱海港から旅客船でわずか30分、 首都圏から一番近い離島・初島(静岡県熱海市)では、 2023年2月11日(土)~3月12日(日)の期間、 漁れたての海の幸を堪能できる恒例グルメイベント「初島漁師の丼(どんぶり)合戦」を開催いたします。
また、イベントの開催にあわせて、熱海~初島航路を運航する株式会社富士急マリンリゾートでは、往復乗船券と丼お食事券がセットになったお得なチケットを販売いたします。【「初島丼合戦」特設サイト https://www.hatsushima.jp/donburi 】 首都圏からわずか2時間で行ける離島「初島」では、熱海港と初島港を30分で結ぶ初島航路で富士山、大島、神津島などを望む絶景の船旅をお楽しみいただける他、上陸後は、新鮮な海の幸を使ったグルメやアクティビティ、ハンモックに揺られる島時間、四季折々の植物や花々など、思い思いのプライベートタイムをお過ごしいただけます。 この「初島漁師の丼合戦」は、そんな魅力溢れる離島「初島」で毎年早春に開催されるご当地グルメイベントです。島の漁師たちが営む島内の13店舗で、獲れたてのメジナ、タカベといった地魚や伊豆の特産野菜アシタバなど、旬の食材をふんだんに使った丼ぶりをお召し上がりいただけます。各店舗で提供される丼ぶりはどれも個性豊かな逸品ばかり。ここでしか食べられない漁師自慢の味をこの機会にぜひご堪能ください。なお、変わり種がお好みのお客様には、PICA初島の「テラスレストランENAK(エナ)」でご提供する「エビたっぷり エビたまシーフードン」もおすすめです。 さらに、熱海・初島と十国峠(熱海から車で約20分)で現在開催中の「PINGU(ピングー)」コラボイベントについて、もっと多くのお客様にお楽しみいただきたいという想いから2023年4月2日(日)まで延長が決定いたしました。コラボクルーズ船やケーブルカー、メニュー、グッズなど丼合戦とあわせて存分にお楽しみください。 この春は、魅力溢れる「初島」で一足早い春を満喫してみてはいかがでしょうか。
【「初島漁師の丼合戦」概要】
■開催期間 2023年2月11日(土)~3月12日(日)※食堂街の営業時間は11時~15時頃 ■開催場所 静岡県熱海市初島 ■参加店舗 初島区事業協同組合加盟の食堂街13店舗およびPICA初島「テラスレストランENAK(エナ)」(合計14店舗) ■料金 1.往復乗船券+丼合戦ミールクーポンセット 大人3,990円(定価4,240円) 小人2,800円(定価2,920円) 2.往復乗船券+丼合戦ミールクーポン+アジアンガーデン入園券セット 大人4,710円(定価5,190円) 小人3,160円 (定価3,470円) ※ミールクーポンでお好きな店舗で丼合戦の「オリジナル丼ぶり」(1,600円分)をお召し上がりいただけます。ミールクーポンのみの販売はございません。 ■購入方法 熱海港の初島航路乗船窓口または下記特設サイトより前売券をご購入ください。 ■特設サイト
丼合戦【公式】初島に行こうよ
熱海港から高速船で30分の初島では、獲れたての海の幸を堪能できるグルメイベント「丼合戦」を2023年2月11日(土)~3月12日(日)に開催。「オリジナルの丼ぶり」をふるまう、島を挙げての冬の恒例グルメイベントです。
(主催)初島区事業協同組合 (後援)熱海市、一般社団法人熱海市観光協会、熱海温泉ホテル旅館協同組合 (協力)株式会社富士急マリンリゾート
4種類の桜のほか咲き誇ると花々の鑑賞で、一足早い“春”を満喫
1年を通じて温暖な気候の初島では、この時期、熱海桜、河津桜、大島桜、ソメイヨシノといった4種類の桜が順次満開を迎える他、極楽鳥花やアロエといった南国の花々も見頃を迎えます。黄色い菜の花とピンクの桜の見事な競演も一足早い“春”を感じさせてくれます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました