お勧めのツーリングエリア

北海道

ライダーを魅了する北の大地

青い池

圧倒的な広さと一直線の道でライダーを魅了する北の大地。走れる時期は短いですが、それを補って余りある景色と自然の素晴らしさは来るもの魅了させてくれます。ある意味、特別な場所でもありますので、「北海道ツーリングの注意点」や「北海道への行き方」なども掲載しております。エリアも道東、道北、道央、道南の4エリアに分けてご紹介させていただきました。

東北

個性豊かな山岳路や名湯の多く本州最北の地

浄土平(福島県)

各々の県がとても広くて、広大な土地が広がります東北。やはり冬が長いため走れる期間は北海道ほどでないにしろ、短めです。本州最北の地ということもあり、本州の各地から地続きで行けるのがうれしいところで、早めの紅葉や初春であれば雪の回廊なども楽しむことができます。また、走りが楽しめる個性的な山岳路が多く、名湯も多く、日数をかけてのんびりとその土地土地を楽しみながら周遊した場所です。

北関東

峠道の宝庫

那須岳(栃木県)

首都圏ライダーが多く訪ねる山岳地や自然が多いエリアです。日光や、那須、塩原、赤城や榛名など、人気の高い場所も多く観光地のため週末は混みますが平日なら爽快な走りを楽しめます。比較的、降雪も早くに溶けやすい場所のため初春のツーリングを楽しめるほか、各々に特徴的な峠道が多く、エリア毎に快走をすることができます。

南関東

爽快なワィンディング走行を楽しむ

箱根大観山(神奈川県)

南関東からは「南房総」「奥多摩」「三浦半島/湘南」「箱根/小田原」の4エリアのツーリングエリアを選出。比較的、狭いエリアながら海に山にとバラエティに富んだツーリングを楽しめるところです。特に、奥多摩周遊道路や箱根のターンパイクなど首都圏ライダーがスポーツ走行が楽しむ爽快なワインディングロードがあるのも特徴です。

甲信越/北陸

3000m級の高峰の美観を望む

鷹狩山展望台(長野県)

日本の尾根と言われます日本アルプスが縦断し、3000m級の高峰の美観が見れる国内でも随一のエリアです。また富士五湖などの富士山の好眺望地もあるほか、佐渡島や能登半島など一度は訪ねてみたい日本海の景勝地もありますが、豪雪地帯も一部ありますため、ツーリングで訪ねられるのは4月下旬からというところもあります。

東海

太平洋岸の温暖なスポットが多いエリア

三保松原(静岡県)

ライダーに人気の伊豆半島のほか、日本平など富士山の眺望が綺麗に見えるスポットが多いエリアです。また、温暖で冬場でもツーリングを楽しみやすい渥美半島、伊勢志摩のほか、岐阜の郡上八幡/白川郷などもご紹介いたします。

近畿

日本最大の半島で、陸の孤島とも称された場所

橋杭岩(和歌山県)

琵琶湖、紀伊半島、そして人気の淡路島の3つの大きなエリアに合わせて丹後半島/三方五湖の計4ツーリングエリアをご紹介。特に南紀は、過去には陸の孤島とも言われ、高速が近づいた今でもかなり遠い場所ですので、タイムスケジュールにはご注意を。

中国

瀬戸内海の多島美と山陰海岸の奇岩奇勝

大山(鳥取県)

瀬戸内海の美観、ジオパーク山陰海岸の奇岩奇勝、日本有数の鳥取砂丘、中国地方の最高峰の大山、日本三大カルストの秋吉台などバラエティに富んだ景観地が多くあります中国地方。瀬戸内海の多島美は日本有数の好景観を誇り、特にしまなみ海道はライダーに人気の高いツーリングエリアです。

四国

ワインディングパラダイスと秘境の地

四国カルスト(愛媛県/高知県)

秘境地の四国からは、「小豆島」と「四国カルスト/仁淀川」の2つのツーリングエリアをご紹介いたします。瀬戸内海に浮かび、ワインディングパラダイスの小豆島、そして、国道にしろ県道にしろ酷道の多い四国の秘境を感じられる四国カルストの立ち寄りお勧めスポットです。

九州

風大な景色を目の前にして、出す言葉すべてに感嘆符が付く場所

鍋ケ滝(熊本県)

北海道と並び長距離ツーリングの人気の地であります九州からは、「生月島/長崎~島原」「阿蘇」「桜島/霧島」の3エリアをご紹介。異国感を味わえる長崎/島原に、山岳爽快路の宝庫の雄大な阿蘇、そして自然の息吹を感じられる火山地の桜島/霧島と三者三葉のスケールの大きいツーリングエリアです。

沖縄

オフシーズンにこそバイクでツーリングをしたい場所

万座毛

沖縄県一県のエリア紹介になりますが、「沖縄本島」と「宮古島」の2エリアをご紹介しています。南国の沖縄はすべて離島のため、バイクツーリングのイメージが薄いかもしれませんが、沖縄本島は1周300km以上、宮古島も1周100km以上と走りごたえがあり、レンタルバイクを使えば意外と気軽にツーリングしやすいのも嬉しいところ。もちろん夏は人が多いので人が少ないオフシズンに訪ねられることをお勧めいたします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。