MENU

【岐阜県飛騨市】春到来!1000匹の鯉が飛騨古川「瀬戸川」に帰ってきました!

目次

飛騨の隠れ人気スポット「瀬戸川と白壁土蔵街」の観光シーズン到来!

岐阜県最北端に位置し、北アルプス立山連峰や世界遺産白川郷、小京都飛騨高山に囲まれたまち「飛騨古川」。その観光名所となっている「瀬戸川」で、近くの池で越冬した鯉を川に戻す「鯉の引越し」が行われました。

瀬戸川に帰ってきた鯉を見守る地域住民や観光客ら

春と秋の風物詩「瀬戸川の鯉の引越し」

瀬戸川は400年余り前に新田開発のために造られ、農業用水や菜洗いなどで利用されてきました。戦後、ゴミや生活排水などで川の汚れが目立つようになり、50年ほど前に地域住民が川の美化を目的に鯉を放流したことが始まりです。朱や白、黄、黒色といった1,000匹余りの大きな鯉が瀬戸川を悠々と泳ぎ、市民や観光客らに愛され、瀬戸川は飛騨古川の人気の写真撮影スポットとなりました。

冬は屋根の雪など降り積もった雪を瀬戸川に流すため、毎年11月に鯉を近くの天神池(増島城跡)へ移し、4月に川に戻すのが季節の風物詩となっています。

4月6日(土曜日)の朝、一般社団法人飛騨市観光協会や地元中学生、ボランティアら約50人が鯉の越冬先の池に集まり、池の中に入って鯉を網ですくい上げ、軽トラックの荷台に水を張って乗せて、瀬戸川まで繰り返し運んで放流しました。

5カ月ぶりに住み慣れた瀬戸川に戻ってきた鯉の中には、体長80センチ、重さ10キロを超える大物も確認され、春の清流を優雅に泳いでいました。

飛騨市観光協会の渡邉隆会長は「飛騨古川に春が訪れました。たくさんの方に来ていただいて、町並みの美しさが伝わると嬉しいです」と話していました。

越冬先の天神池で鯉をすくい上げるボランティアら

瀬戸川の鯉のエサやりが人気です

例年5月上旬から11月上旬に、川沿いにエサ箱が設置され、どなたでも100円で鯉にエサをあげることができます。

お問合せ先

飛騨市役所商工観光部まちづくり観光課
電話:0577-73-7463

岐阜県飛騨市

飛騨市は、人口約22,000人の小さな市で、周囲を北アルプスなどの山々に囲まれ、総面積の約94%を森林が占めるなど豊かな自然に恵まれたまちです。また、豊富な自然資源のほか、ユネスコ無形文化遺産である古川祭・起し太鼓、ノーベル物理学賞の受賞に寄与した「スーパーカミオカンデ」を始めとする宇宙物理学研究施設、大ヒットアニメ映画「君の名は。」のモデル地となった田舎町の風景など、多彩で個性豊かな地域資源の宝庫です。

飛騨市公式サイト  https://www.city.hida.gifu.jp/
飛騨市公式観光サイト  https://www.hida-kankou.jp/
飛騨市公式移住サイト  https://www.city.hida.gifu.jp/site/iju/
飛騨市公式食サイト  https://hidaichi.jp/
飛騨市公式文化財サイト  https://hida-bunka.jp/
飛騨市公式広葉樹プロジェクトサイト  https://hidatsumu.com/
飛騨市公式薬草プロジェクトサイト  https://www.city-hida.jp/yakusou/
PRTIMES飛騨市ページ  https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/120394
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次