MENU

令和版 「石山詣」瀬田川・琵琶湖リバークルーズ 3月16日(土)運航開始

目次

紫式部ゆかりの大津をおトク”にぶらり 周遊キャンペーン「しきぶら」の特典対象クルーズです

「石山詣」は平安時代、女流文学者たちに人気で、京都から逢坂の関を越え、打出浜から船に乗り、石山寺に参拝するものでした。そんな紫式部も楽しんだ船遊びを、追体験していただけるクルーズの運航を3月16日(土)に開始します。 週末を中心に、2種類の船舶(一番丸とランシング)が入れ替わりで運航します。 
[運航期間:3月16日(土)~12月15日(日)の土日祝およびお盆(8/13~16)] 
ただし、3月20日(水・祝)4月14日(日)・9月21日(土)を除く

 株式会社杢兵衛造船所(本社:大津市今堅田、代表:仲野薫)は、3月16日より令和版「石山詣」 瀬田川・琵琶湖リバークルーズ の運航を開始します。本年は、琵琶湖汽船株式会社(本社:大津市浜大津、代表:川添智史)と協力し年間91日の運航を行います。

「石山詣」は平安時代、女流文学者たちに人気で、京都から逢坂の関を越え、打出浜から船に乗り、石山寺に参拝するものでした。(藤原道綱母の「蜻蛉日記」より)

 本クルーズでは、季節ごとに色づく石山寺を瀬田川から望み、瀬田の唐橋をくぐるなど、千年前に紫式部も楽しんだ船遊びを追体験していただけます。令和版の「石山詣」を体感しながら、『源氏物語』誕生の地びわ湖大津の魅力をお楽しみください。

週末を中心に、下記2種類の船舶が入れ替わりで運航します。

[運航期間:3月16日(土)~12月15日(日)の土日祝およびお盆期間(設定除外日あり)]

https://prtimes.jp/a/?f=d130597-6-a4b703fd66bfffe555be1669b08b48a1.pdf

乗船料は、大人2,000円 ・ 小人1,000円(税込)※2社共通

「しきぶら」対象チケットの提示で乗船料1割引。但し、障害者割引と併用不可

● 一番丸(杢兵衛造船所)

明治時代にびわ湖で活躍した蒸気船「一番丸」を復元した外輪汽船です。レトロでかわいい雰囲気が人気で、

歴史と文化あふれる石山・瀬田川の風景に溶け込みながら遊覧をしています。

● ランシング(琵琶湖汽船)

スタイリッシュな高速船。当時の船遊びの出発地「打出浜」にも近い大津港・におの浜観光港にも寄港予定

です。びわ湖大津プリンスホテル宿泊者のチェックイン・チェックアウトにあわせた航路も。

▼各船の運航日やダイヤ等、詳しい情報はこちら

<一番丸>

https://www.lakewest.jp/rivercruise/

<ランシング>

https://www.biwakokisen.co.jp/

<びわ湖大津トラベルガイド>

https://otsu.or.jp/event/sr_lb_cruise2024 (3月15日オープン)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次