【神7ロード】一生に一度は走ってみたい絶景爽快道~⑤高野龍神スカイライン(和歌山県)

古の世界遺産の地を縦走する“関西屈指の爽快路“を走ってみたい!

近畿エリアでは有数の距離と爽快感を楽しめる高野龍神ライン。熊野参道や高野山があり、世界遺産にも選定されています古の地を縦走しつつ歴史的な風情を感じることができます。路面状況も良く、中高速コーナーが続きライディングを楽しめますが、紅葉時は渋滞必至です。

高野龍神スカイライン
  • 全長42.7km
  • 無料
  • 絶景★★
  • 爽快★★★★
  • 冒険★★

紀伊半島を縦断する国道371号線の高野山と龍神温泉までの区間の名称の高野龍神ライン。和歌山県と奈良県の県境の尾根沿いに走る山岳路で、東の伊豆スカイライン、西の高野龍神スカイラインと言われるほど爽快な走りが楽しめる道です。

高野龍神スカイライン

紅葉の絶景地でもあり、紅葉シーズンには多くの行楽客が訪れます。山の尾根筋を削って作られた道のため多くの区間が樹々にさえぎられて周囲の景観は見づらいですが、樹々の切れ目から紀伊山地の山々の峰景を楽しみながら走ることができます。

高野龍神スカイラインより

ですので、基本的には爽快な走りをメインに楽しみつつ、鶴姫公園やごまさんスカイタワーなどの展望台に寄りつつ、周辺の山の景色を楽しむのがお勧めです。時間があれば世界遺産の高野山に立ち寄るのもありかと思います。

ごまさんスカイタワー

食事がとれるのは、道中では道の駅ごまさんスカイタワーぐらいですが休業中のこともありますので、高野山か道の駅龍神で食事を取られるのが良いようです。なお、周辺に著名な立ち寄りスポットが無いのと、近辺には爽快路があまりないため、高野龍神スカイラインを軸にしてツーリングルートをたてづらいのが難点ではあります。

高野龍神スカイラインの道中から西に30km走ったところにある「あらぎ島」。

高野龍神ラインの立ち寄り7スポット

1.高野山(壇上伽藍、金剛峯寺)

高野山 大塔

和歌山県北部にある周囲を1000mの山々に囲まれた山地の総称で、1200年前に弘法大師空海が開創した真言密教の聖地になります。高野山は金剛峯寺と同義であり、境内の山地には117の寺院があり、奥之院と壇上伽藍が二大聖地として信仰を集めています。ですので境内も広く、各所を巡るには1日以上はかかりますので、立ち寄りで参拝するなら大塔がある壇上伽藍~金剛峯寺~金剛三味院本堂の散策がお勧め。もしくは弘法大師が入定(にゅうじょう)され歴史的な武将のお墓がある奥之院も風情があります。各々30~40分は費やします。各所に駐車場あり。

2.高野大滝

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました