愛知県蟹江町、堤幸彦監督の協力で小酒井不木原案のショートムービー「眠り薬」を制作

愛知県蟹江町では「ミステリーのまち」としてシティプロモーションを展開していますが、 この度、 ミステリーショートムービーシリーズの最新作として「眠り薬」を製作・公開しました。 これは蟹江町出身で江戸川乱歩のデビューを後押ししたことでも知られるミステリー作家・小酒井不木の作品を「20世紀少年」、 「TRICK」、 「SPEC」などで有名な映画監督・堤幸彦氏の協力を得て、 2020年から毎年製作しているものです。
2020年「死体蝋燭」、2021年「安死術」、2022年「網膜現像」と、現在までに3本制作しているシリーズの第4作となる今作は、主演に地元名古屋でリーダーを務めたグループを卒業後俳優業に専念している水野勝、相手役に「突破ファイル」やZドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」などドラマやCMに数多く出演し活躍中の若手注目株・小高サラを迎え、シリーズ常連の西川流四世家元・西川千雅に加え、咲坂実杏、秋田卓郎、菅沼翔也などが出演しています。
ストーリーは原作を大胆にアレンジし、設定を現代化。さえない大学院生「伊吹タカミチ」は、あるパーティで絶世の美女・桜宮テルコと出会う。一目ぼれしたタカミチに、テルコはある相談を持ち掛ける。それは彼女が世話になっている横尾教授に近づき「あること」をして欲しいという依頼だった。テルコと二人きりでゆっくり会いたい気持ちから、タカミチはその依頼を引き受けるが...という、一人の大学院生が恋心から巻き込まれてしまうサスペンスストーリーになっている。本編は蟹江町役場公式YouTubeチャンネルにて公開中。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました