2023ダカールラリー優勝 ケビン・ベナビデスとKTM

トビー・プライスが2位に入りKTMがワンツーフィニッシュでダカールラリー19勝を達成

トビー・プライスが2位に入りKTMがワンツーフィニッシュでダカールラリー19勝を達成
Red bull KTM Factory Racingのケビン・ベナビデスが、2023年ダカールラリーで優勝しました。最終的にチームにとって大いなる成功だったレースと言えることは、ベナビデスは、44秒差で2位となったチームメイトのトビー・プライスとともに、KTMのワンツーフィニッシュを達成したことです。その結果として、KTMはこのアイコニックなラリーレイドイベントで19勝目を勝ち取りました。最終ステージの前となる第13ステージで優勝したケビン・ベナビデスは、暫定ラリーリーダーだったトビー・プライスとの差をわずか12秒に縮めました。アル・ホフフからダンマームまでのレース最終日は、スタート順が逆転し、2台のKTM 450 RALLYは後方からのスタートとなり、ベナビデスはチームメイトの3分前にスタートを切りました。
最終ステージは、比較的複雑ではないスプリントと思われていましたが、136kmのグラベルコース、砂地、乾いた湖底はライダーにとって大きな挑戦となりました。しかし、ベナビデスは卓越したスピードで地形を攻略し、ステージ2連勝、そしてラリー総合優勝を果たしました。 ケビンの14ステージのレースは、一貫して素晴らしいものでした。オープニングステージで獲得したボーナスタイムは1秒もありませんでしたが、2週間のレース期間中、毎日トップ10に入る成績を収めました。このような巧みで計算されたアプローチが、ダカールラリーで2勝目を挙げた要因と言えます。 そして、ベナビデスは2021年、2023年と2度のダカール優勝、KTMはダカールでの19勝目を勝ち取りました。
ケビン・ベナビデス:“素晴らしい一日でした。最初から最後までずっと集中しました。順位や結果は考えず、全ステージで100%の力を出し切り、その日を楽しもうと心掛けました。スペシャルは本当に速くてトリッキーで、ぬかるんでいました。幸い、大きなミスはありませんでしたが、今日のような状態だったらトラブルが容易に発生したと思います。この優勝ために懸命に努力を重ねました。今年のラリーは、これまでで最も僅差の争いになったレースのひとつで、気を抜くことができる日は1日もありませんでした。チームや家族、友人たちのサポートがなければ、成し遂げることができなかったと思います。まだ実感が湧くには少し時間がかかりそうです。今のこの感覚は、言葉では言い表せません。” 最終ステージとなる第14ステージを12秒差でリードしていたトビー・プライスは、スペシャルステージの最後のライダーとして登場しました。3分前にスタートしたベナビデスを追いかけるため、トビーはスタート直後から全力で突き進みました。ステージ序盤でいくつかの問題が発生し、先頭に立つための貴重な時間を失いました。スペシャルの後半で1分近くを取り戻しましたが、快調に走るベナビデスを追い抜くには至りませんでした。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました