楽天トラベルが、2022年 年間人気温泉地ランキングを発表

栃木県「那須温泉」が4年ぶりにトップ3にランクイン

旅行予約サービス「楽天トラベル」( https://travel.rakuten.co.jp )は、 「2022年 年間人気温泉地ランキング」を発表しました。 1年間の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を温泉地ごとにランキングした結果、 静岡県「熱海温泉」と大分県「別府温泉」が9年連続で1位、 2位を獲得しました。 3位は栃木県「那須温泉」となり、 2018年以来4年ぶりにトップ3にランクインしました。 人気温泉地ランキングは2014年から毎年開催しており、 今年で9回目となります。

2022年 年間人気温泉地ランキング

順位都道府県温泉地
1位静岡県熱海温泉
2位大分県別府温泉
3位栃木県那須温泉
4位群馬県草津温泉
5位和歌山県白浜温泉
静岡県「熱海温泉」の熱海サンビーチ
静岡県「熱海温泉」は、9年連続1位を獲得しました。熱海市観光協会は、毎年夏に主催する「熱海海上花火大会」を3年ぶりに通常通りの規模で行い、熱海サンビーチの海上には2年ぶりに、約30種類のエア遊具が楽しめるビーチアスレチックを開設しました。また、富士山や駿河湾を一望できる観光名所「十石峠」には、より解放感のある眺望を楽しめる展望テラスがオープンしました。2022年秋には、熱海市内で3~7人乗りで楽しめる小型の3輪自動車トゥクトゥクや8人乗り自転車のレンタルも開業するなど、観光の交通手段も多様化しています。豊富な話題性を背景に、「楽天トラベル」では夏の宿泊人泊数が前年比で約1.9倍(注1)となり、特に好調に伸びています。
大分県「別府温泉」街並み
 大分県「別府温泉」も9年連続で2位にランクインしました。宿泊構成別ではグループやファミリー利用、年代別では30代以下の比較的若年層の伸びが好調です。2022年3月に別府市内の遊園地が大規模リニューアルを行い、SNSでもファミリーやグループ利用のユーザーを中心に話題となりました。九州内からの旅行者も増加していることから、「楽天トラベル」では、九州発着の高速バスを対象にしたクーポンの配布(注2)や宿泊施設の紹介も特設ページ( https://travel.rakuten.co.jp/bus/special/access/beppu/ )で積極的に行っています。2022年12月には、別府市から温泉入浴の健康効果に関する実証実験の結果が発表され、温泉入浴により疾病リスクが改善するなどの効果が期待できることがわかりました。
栃木県「那須温泉」殺生石園地
3位の栃木県「那須温泉」は、2018年の3位獲得以来、4年ぶりにTOP3へ返り咲きました。宿泊構成では、ファミリー利用が前年比で約1.4倍に伸長し、実績に貢献しています。2022年3月に九尾の狐伝説で知られる栃木県那須町の「殺生石」が割れたニュースが話題を呼んでいます。SNSでは「#殺生石」のハッシュタグがついたツイートが1万件以上投稿され、関連グッズも販売されるなど注目が集まりました。また、2022年夏には、人気のお菓子を製造する地元のスタートアップ企業が、環境に配慮したカフェやレストラン、食品製造工場やチーズ工房など、様々な食を楽しむことができるスポットを開業しました。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました