【ヤマハ】MotoGP世界選手権 「Monster Energy Yamaha MotoGP」が2023年型YZR-M1を発表

ヤマハ発動機株式会社は2023年1月17日、インドネシアのジャカルタで開催されたYamaha Indonesia Motor Manufacturing 2023「3Sディーラー・ミーティング」において、3月にポルトガルで開幕するMotoGP世界選手権の2023シーズンに参戦する「Monster Energy Yamaha MotoGP」の新しいカラーリングを発表しました。
「3Sディーラー・ミーティング」には、代表取締役社長の日髙祥博をはじめ、MS開発部長でヤマハ・モーター・レーシング社長の鷲見崇宏、「Monster Energy Yamaha MotoGP」代表でヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービス、Yamaha Indonesia Motor Manufacturing 社長のディオニシウス・ベティ、「Monster Energy Yamaha MotoGP」ディレクターのマッシモ・メレガリ、そしてライダーのファビオ・クアルタラロ選手とフランコ・モルビデリ選手が出席し、2023シーズンに向けて意欲を語りました。  当社はチームのタイトル・スポンサーであるMonster Energy 社とともに、互いのレースに対する情熱を基盤として長期にわたってグローバルに連携してきました。Monster Energy 社はさまざまなレースカテゴリーにおいて多くのヤマハ・チームとライダーをサポート。「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」とは2018年の夏にはじめてタイトル・スポンサーとして複数年契約を締結し、2022年のカタルニアGPでは、複数年契約を延長しました。  会場で発表した「Monster Energy Yamaha MotoGP」の2023年型「YZR-M1」は、カムフラージュ柄の新しいカラーリングにアップデート。グレーが追加されたほか、ヤマハ・カラーとMonster Energy の冒険的なライフスタイル・カラーをブレンドしています。象徴的な「モンスター・クロー(爪)」は、引き続きマシン、チーム・ロゴ、チーム・ウエアに採用し、一目で認識できるようになっています。  「Monster Energy Yamaha MotoGP」はまた、2023シーズンを通してYamaha Motor PhilippinesとPT Yamaha Indonesia Motor Manufacturingのスローガンをマシンに採用します。2023年型「YZR-M1」は、2月5~7日と、2月10~12日にマレーシアのセパンで、3月11~12日にポルトガルのポルティマオで開催されるIRTA MotoGPオフィシャル・プレシーズン・テストを走行します。  さらに「Monster Energy Yamaha MotoGP」は、同チームとの関係をさらに拡大するBeta Toolsをはじめ、多くのオフィシャル・スポンサー、オフィシャル・パートナーとの関係を継続します。  新シーズンは全21戦42レース(土曜日にスプリントレースが開催されるため)が予定されており、開幕に向け順調に準備を進めており、間近に迫るセパンテストにはクアルタラロ選手とモルビデリ選手に加え、「Yamaha Factory Racing MotoGP Test Team」のカル・クラッチロー選手も参加し、総力を集めて2023シーズンに臨みます。
鷲見崇宏談 ヤマハ発動機株式会社 MS開発部長、ヤマハ・モーター・レーシング社長 「ヤマハ発動機のMS開発部門は昨年のバレンシア・テストのあと、さらなる前進を目指して仕事を続けてきました。今年、再びMotoGP世界選手権タイトルを獲得することを目標に、ライダーとチームのフィードバックをもとにマシンに改良を加えてきたのです。支援してくださる皆さま、当社社員の感動創造に対する精力的な取り組みに感謝します。私たちはまっさら気持で、前向きに今シーズンをスタートします。MotoGPのレベルはかつてないほど高くなっており、全42レースへのスケジュール変更によりライダーとマシンへの要求は新たなレベルが求められますが、チャレンジへの準備は整っています。クアルタラロ選手、モルビデリ選手、そしてファクトリーチーム・スタッフたちはモチベーションにあふれており、世界中のMotoGPファンを喜ばせる多くのエキサイティングなレースをお届けします」

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました