「ローライダー ST」の NEIGHBORHOOD®特別カスタムを抽選販売

日本で実車が見られるのはホットロッドショー会場のみ。購入権応募は12/1〜の4日間

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社は、トールバガー「ローライダー ST」に人気ストリートファッションブランド NEIGHBORHOOD®がカスタムを施した、日本で 1 台限りの特別カスタムモデル(写真)を抽選販売いたします。車両本体価格は、4,500,000 円(消費税込)です。当モデルは、12 月 4 日(日)8:00-17:00 にパシフィコ横浜で開催するヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2022(主催:MOONEYES)の会場にて日本初公開を行うほか、お客様向け限定展示*1 を行います。当モデルの購入権は公式ページ(https://freedom.harley-davidson.com/jp_JP-Neighbourhood-Custom-Bike)にて*2 12 月 1 日(水)正午~4 日(日)17:00 までの期間に登録いただいた方の中から、12 月 10 日(土)以降に抽選のうえ決定*3 いたします。
ローライダー ST」は 2022 年に新登場し、早々に国内の予定台数が完売となった大人気モデルです。Milwaukee-Eight® 117 エンジンを搭載し、ダークな世界観を強調するスタイリング、フレームマウント型の新型フェアリングと着脱可能な大容量(53.8 ㍑)サドルバッグを搭載して、ツアラーとしての快適性も有しています。標準のシャシーモノショックよりも背の高いリアモノショック(ストローク 1/2 インチ、リアホイールトラベル 1 インチ、シート高 3/4 インチ)を装備し、モーターサイクル後部をハイポジション(トール)に維持することで、アグレッシブなコーナリングを提供する、文字通りトールパフォーマンスバガーの代表モデルとして、多くのライダーの支持を集めています。そんな「ローライダー ST」の特別カスタムである希少なこの 1 台は、2019 年のホット ロッド カスタム ショーを機に来日したハーレーダビッドソン米国本社デザインチームから NEIGHBORHOOD®へのオファーが発端となって誕生しました。外装を埋め尽くす蜘蛛の巣ペイント(スパイダーウェブ)は、NEIGHBORHOOD®の主幹・滝沢伸介さんが 1950 年代のヴィンテージのハワイアンシャツの柄から着想を得たもので、新造したハンドルとシートに加え、新たな 2in1 マフラーも換装し、要所をさらにブラックアウトさせたダークカスタムに仕上がっています。オールドスクールの要素を取り入れ、「ローライダー ST」のベースモデルよりも、前後のサスペンションを 2 インチほどローダウンし、スタイリングと走行性を両立させています。 12 月 4 日(日)のホット ロッド カスタム ショーのハーレーダビッドソンブースでは、この特別モデルの限定展示に加え、パフォーマンスバガーの可能性を表現する複数のカスタムモデルの展示、NEIGHBORHOOD® x HARLEY-DAVIDSON®ダブルネームの限定ステッカーかハーレーダビッドソン ショッピングバッグのいずれかが必ず当たる抽選*4 などをご用意し、皆様のご来場をお待ちしています。週末はホット ロッド カスタム ショーのハーレーダビッドソンブースへ、ぜひお立寄り下さい。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました