【スズキ】海外向け大型二輪車、新型「V-STROM(ブイストローム)800DE」、新型「GSX-8S」を発表

スズキ株式会社は、11月8日から13日※1までイタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA 2022(ミラノショー)」において、スポーツアドベンチャーツアラーの新型「V-STROM(ブイストローム)800DE」およびストリートバイクの新型「GSX-8S」を海外向けに発表しました。新型「V-STROM 800DE」は2023年2月より、新型「GSX-8S」は2023年3月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売を開始します。 新型「V-STROM 800DE」、新型「GSX-8S」は、幅広いユーザー向けに、毎日の移動からツーリングまでの利便性を両立した軽量で扱いやすい800ccクラスの新型モデルとして開発しました。エンジンは、776cm3並列2気筒エンジンを新設計し、量産二輪車で初めて※2クランク軸に対して90°に一次バランサーを2軸配置した「スズキクロスバランサー」※3を採用することで、振動を抑えながら軽量・コンパクト化を実現しました。
  • ※1 プレスデー:11月8~9日、一般公開日:11月10~13日
  • ※2 2022年11月時点、スズキ調べ。
  • ※3 特許取得済み。

新型「V-STROM 800DE」

新型「V-STROM 800DE」は、ツーリングから日常の通勤通学まで全てにおいてベストパフォーマンスなアドベンチャーバイクを目指して開発しました。様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を採用し、トラクションコントロールシステムに専用のGモードを設定したほか、リヤブレーキのABS解除モードを設定することで、未舗装路でライダーの好みに応じたコントロールができるようにしました。また、調整式の前後サスペンションと、フロントには大径の21インチホイールを装着、前後タイヤにセミブロックパターンのタイヤを採用しました。V-STROMシリーズ共通のイメージを維持しながらも、シャープなスタイリングとし、タンクの下まわりやフロントカウルの先端部分にアクセントカラーを採用しました。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました