【ヤマハ】2023年欧州モデル「NIKEN GT」をEICMAに出展

〜排気量アップ、新フレーム、ナビ機能対応TFTメーターなどでツーリング性能を向上〜

ヤマハ発動機株式会社は、大型スポーツタイプのLMW※1モデル「NIKEN GT」をモデルチェンジし、11月8日からミラノで開催される「EICMA 2022(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。なお、日本での発売は2023年秋以降を予定しています。
「NIKEN GT」は進化したLMWテクノロジー※2が生み出す安定感に支えられたコーナリング性能と、快適な長距離ツーリングを可能にする上質なクルージング性能を両立させた大型スポーツタイプのLMWモデルです。  2023年モデルは“Evolution for high-end touring”をコンセプトに開発。長距離ツアラーとしての快適性と積載性を向上させました。また、LMWならではの軽やかなハンドリングに加え、所有欲を満たすための上質さなど、LMWカテゴリーのフラッグシップにふさわしい仕上がりを実現しています。  主な変更点は、1)現行の845cm3から888cm3へ排気量アップ、かつクランクマス増加によりドライバビリティを向上した新型CP3エンジン(クロスプレーン・コンセプトの3気筒)、2)応答性を高めた新設計ハイブリッドフレーム、3)セッティングを見直し、路面追従性を向上したリアサスペンション、4)シフトダウンにも対応するクイックシフターなどの各種電子制御、5)スマートフォンとの接続でツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーター(ナビ機能対応)※3、6)新たな機能を調和したスタイリング、7)可動式スクリーンや純正アクセサリーのサイドケースの取り付けに配慮したステー、足付き性を高めた新作シートなど、ツアラーとしての快適性と機能性をさらに高める充実装備です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました