スポーツスクーター「XMAX 300」を6年ぶりにモデルチェンジ

~スタイルを一新、ナビ情報を表示できる4.2インチTFTディスプレイ搭載~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・292cm3のBLUE CORE(ブルーコア)※1エンジンを搭載するスポーツスクーター「XMAX 300」の2023年モデルを11月8日からミラノで開催される「EICMA 2022(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。なお、日本では249cm3エンジン搭載モデルを2023年夏以降に発売の予定です。
XMAX 300
今回の2023年モデルは2017年の初代以来6年ぶりのモデルチェンジで、“Condensed 7days Mobility”をコンセプトに開発しました。新たな特徴は、1) MAXシリーズの象徴“Xモチーフ”を随所に織り込んだ新しいスタイリング、2) ライダーのスマートフォン情報やナビ情報※2を表示できる4.2インチカラーTFTディスプレイ、3) 灯火器のLED 化や足付き性とフィット感に配慮した新作シートなどです。  「XMAX シリーズ」はグローバルモデルとしてデビュー以降、欧州では通勤用途をメインに250~300ccクラスの人気モデルとして、アセアン地域ではスクーターのトップエンドモデルとして、また、日本では幅広いお客さまから人気を博している製品です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました