ご縁の国しまね&美肌県しまね!桜やイベントなど春の魅力満開

目次

「NEWS LETTER 2024 2月号」では、この春にお届けしたい島根県の魅力や最新情報をご紹介いたします。

桜舞う中の伝統と歴史の 「流鏑馬神事」

年に一度開催される鷲原八幡宮の神事です。桜花の中、流鏑馬馬場では鎌倉時代の装束に身を包んだ射手が3つの的を次々と射抜いていきます。毎年、たくさんの観客で賑わい、外国からのお客様も多いことが特徴です。津和野町を代表する行事の一つとなっています。

鷲原八幡宮の流鏑馬神事は、日本遺産「津和野今昔 ~百景図を歩く~」ストーリーの構成文化財としても知られています。

【開催日】

2024年4月7日(日)

午前の部:11:00~ 午後の部:14:00~

しまね観光ナビ|島根県公式観光情...
津和野 鷲原八幡宮 流鏑馬神事 | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト 1.鷲原八幡宮 平成23年11月29日国指定重要文化財となる。 2.鷲原八幡宮流鏑馬馬場(昭和41年島根県指定

海たなびく“天空の城”  築城700周年を迎える「津和野城跡」

津和野城跡は鎌倉時代末期に西石見の地頭として赴任した吉見頼行によって築城が開始され、息子・頼直の代(1324年)に完成しました。現在は国指定史跡及び日本100名城に認定され、島根県有数の観光名所として多くの来訪者を迎えています。 春になると、津和野城跡から、津和野の町や周辺の山を彩る桜を一望することができます。2024年は、築城700周年を記念し、年間を通じたキャンペーンやイベントが行われる予定です。

あわせて読みたい
【祝!築城700周年】津和野城に関する総合情報 ※12/31更新 津和野城は鎌倉時代末期に地頭として赴任してきた吉見頼行公によって築城が開始され、息子・頼直公の代(1324年)に完成しました。その後、江戸時

【春のイベント情報】森鷗外と出会う 劇場列車(イマーシブトレイン) 鷗外号

津和野が生んだ文豪 森鷗外。そんな彼が現代に舞い戻り、一緒に列車に乗って皆様を故郷にご案内します。新山口駅から津和野駅に向かう人気の観光列車「〇〇のはなし」を2日間限定で貸切運行し、列車が劇場となる新感覚の観劇体験をお楽しみいただけます。

〈イベント概要〉

運行日:2024年3月9日(土)、10日(日) 日帰り

旅行代金(お1人様あたり・税込):

   大人・小人同額 15,000円 幼児(5歳まで) 3,000円

参加申込方法:株式会社日本旅行のサイトよりお申込み

https://va.apollon.nta.co.jp/moriougai_tour/

【ご縁も、美肌も、しまねから。】キャンペーン情報

日比谷しまね館について

島根県の物産・観光・移住情報などが盛りだくさんのアンテナショップ。首都圏における島根県の情報発信・活動拠点です。ぜひ島根県の魅力をご堪能ください。

〒100-0006

東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ地下1階

営業時間 11:00~20:00

定休日 日比谷シャンテの休業日に準ずる

 公式HP:  https://www.shimanekan.jp/ 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次