【2022年人気キャンプ場ランキング】水辺に近い立地のキャンプ場がランクイン!

今年で開催7回目となる『なっぷAWARD2022』。日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト『なっぷ』が人気キャンプ場のランキングを発表しました。

日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト『なっぷ』は、2022年12月21日(水)・22日(木)に行われた「Outdoor Innovation Summit 2022」内で『なっぷAWARD 2022』の表彰式を開催しました。
【なっぷAWARD2022】
■予約件数部門 東日本エリア:浜松市渚園(静岡県浜松市) ※初受賞 西日本エリア:白浜荘オートキャンプ場(滋賀県高島市) ■口コミ投稿部門 東日本エリア:THE DOG DEPT GARDEN RESORT-安房白浜-(千葉県南房総市)※初受賞 西日本エリア:CAMP Knot(キャンプノット)(和歌山県西牟婁郡)※初受賞 ■アクセス部門 東日本エリア:長井海の手公園 ソレイユの丘(神奈川県横須賀市)※初受賞 西日本エリア:大河原温泉アウトドアヴィレッジ かもしかオートキャンプ場(滋賀県甲賀市)※初受賞

【なっぷAWARDとは】

キャンプ場検索・予約サイト『なっぷ』からの予約が可能な約1,400施設の中から、アクセス数・口コミ投稿数・予約件数の3部門において人気No.1の施設を発表するアワードです。2016年の開催以降、今年で7回目を迎えました。 ※同部門を3度受賞した施設は「殿堂入り」としています

【『なっぷ』コメント】

2022年は新型コロナウィルスの影響も弱まり、前年に引き続きキャンプ場事業への新規参入事業者と利用者は増加しましたが、オンシーズン中の連休や週末の悪天候による一定の影響が全国的にも見られた年でした。 そのようなキャンプ場運営が難しい状況下において、今年の『なっぷAWARD』にランクインしたキャンプ場は、初選出の新しい顔ぶれが多く見受けられました。キャンプ場に共通しているのは、「水辺」であること。海や川、湖に近く、大海原を望む立地や目の前が浜や河原という立地のキャンプ場が人気だった1年でした。 この1年間で「なっぷ」に新規会員登録されたお客様は昨対比で約180%※と、昨年に引き続きキャンプに初挑戦した利用者が多かったことが伺えます。『なっぷ』では今後も、老舗のキャンプ場から今年新設されたキャンプ場とベテランキャンパーから初心者キャンパーまで、あらゆるニーズに合わせた使いやすいサービス提供に努めてまいります。 ※比較対象期間は2020年12月~2021年11月 と 2021年12月~2022年11月の新規会員登録数

【受賞施設詳細】

予約件数部門 No.1 東日本:浜松市渚園(静岡県浜松市)
浜松市渚園
浜松市渚園の詳細。口コミやブログ・写真などリアルな情報をチェック。アクセスや料金、営業情報など利用するのに便利な情報満載です!
約40,000平方メートル の広大な芝生でキャンプを楽しめる東海地方屈指の人気を誇るキャンプ場です。 人気アニメの舞台でもあり、聖地巡礼も盛んです。この度、予約件数部門初選出となります。
西日本エリア:白浜荘オートキャンプ場(滋賀県高島市) 滋賀県高島市 琵琶湖のほとりに位置し、湖でのアクティビティも楽しめるキャンプ場。目の前に琵琶湖が広がる絶景はもちろん、温泉やシャワーなど充実の設備も高評価。2年連続予約件数部門の受賞です。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました