島根県海士町に新たな観光拠点として、ジオパーク×グランピング施設が2023年春オープン予定

豊かな自然を活かした、海士町ならではの観光施設へ

島根県海士町と、地方を舞台に事業を展開している株式会社FoundingBaseは、2023年春にグランピング施設をオープン予定です。ユネスコ世界ジオパークに選ばれた絶景に加えて、豊かな自然や地域資源を活用した島ならではの体験を提供します。

島の恵みを感じる自然体験

本土からフェリーで約3時間の島根県・隠岐諸島のうちの一つである海士町。2013年には海士町をはじめ隠岐諸島はユネスコ世界ジオパークに認定されています。火山活動によって隆起してできた山間地域を活用して牛の放牧がされていたり、豊富な地下水があることから近隣の島前エリアにある3つの島の中で唯一水田が広がっています。中世には海士町の海産物が数多く天皇の食卓に並んだ歴史があり、資源の豊かさを物語っています。
また、自然の魅力だけでなく文化としても、海士町は人口の約20%が移住者であり、歴史的にも外から来る人を受け入れてきました。そのため外から来た人でも色々な方々と出会える、一緒に作業をしたり話をする、まさに町に「入っていく」事が出来ることも魅力の1つとなっています。2023年春にオープン予定のグランピング施設では、そんな自然や人の営みに触れながら、海士町の魅力をまるごと味わえるような滞在価値を提供していきます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました