MENU

ジャパンフィット&日本専用デザインのメッシュジャケット。業界歴30年の日本人エキスパートがデザイン、サイズ最適化、機能面、安全面をプロデュース。SCOYCOのメッシュジャケットJK2103が登場します

目次

「先行予約受付開始」2024年5月下旬から6月上旬入荷予定。先行予約特典:メッシュグローブプレゼント!※先行予約期間2024年4月26日から2024年5月31日まで

SCOYCO-JAPAN(国内輸入総代理:株式会社はとや)

SCOYCO(スコイコ)メッシュジャケット「JK2103」

日本ではライディングシューズのブランドとして認知度の高いSCOYCOですが、そのプロダクトはシューズだけでなく、ウェアやグローブなどライダーズアパレル全般を広くプロデュースしています。

そんなSCOYCOからこれからのシーズンに大注目のメッシュジャケット「JK2103」が登場しました。

JK2103は4点プロテクターの装備や体にフィットさせるための各部のアジャスターなどライディングジャケットに求められる機能を過不足なく有しつつ、リーズナブルな価格を実現しています。

日本人の体型に合わせた日本人デザイナーによる日本人専用フィットデザイン

JK2103 JPFIT 着衣フロント

SCOYCOメッシュジャケット「JK2103」は、袖丈や着丈、肩幅、身幅など日本人の体型に合わせたフィットになっています。

体を積極的に動かしてアクティブに走ることはライディングの楽しさのひとつ。だからこそライディングジャケットのフィット感は非常に重要です。タイトすぎれば動きにくさに繋がりますし、余裕がありすぎると走行風による過度なバタつきに繋がります。

JK2103は良好なフィット感を得るためにホンダやスズキなどの車両メーカーのブランドウェアや、国内の有名バイクアパレルメーカーのデザイナーを歴任してきたデザイナーがデザインを担当。日本人の体型に合わせたフィットを実現しています。

JK2103 JPFIT 着衣バック

シンプルかつスポーティなデザイン

JK2103はツーリングだけでなく、ちょっとしたスポーツライディングにも適したショート丈を採用。

デザインは、シックな中にスポーティかつシャープさを感じさせるものとなっており、スポーツモデルからオフロード、ツアラー、スクーターまでどんなバイクとも合わせやすいのが特徴です。

4点プロテクターを装備

ソフトプロテクター標準装備

肩、肘、胸、脊髄にプロテクターを標準装備。

CEパッドは別売りになります。(画像は参考イメージです)

標準採用されてるのはスポンジパッドですが、より衝撃吸収性の高いCEパッドやハードプロテクターと入れ替えることも可能です。

ただし、プロテクターのサイズによってはプロテクターをカットして収納ポケットの大きさに合わせる必要があるかもしれません。

胸部ハードプロテクターは別売りになります。(画像は参考イメージです)

胸には面ファスナーを装備しているので、面ファスナー式のチェストパッドの装着もできます。また、サイズが合えばプロテクターポケットに収納も可能です。

袖口と腰部にアジャスターを装備

調整可能な袖口

袖口と腰部分にはバタつきを防ぎフィット感を向上させるアジャスターを装備しています。

脇腹付近もバタつき防止に調整可能

面ファスナー式なので無段階で調整が可能。

裾に捲れ上がり防止の滑り止めを配置

捲れ上がり防止ラバーは背中のみならず、ほぼ全周に採用

ショートジャケットは走っているうちに風の巻き込みで裾が捲れ上がってくることがありますが、JK2103は裾全周にわたってゴムの滑り止めが入っており、しっかりとグリップしてズレを防ぎます。

捲れ上がり防止のすべり止めラバー

4本のライン状のゴムで裾の捲れ上がりを防ぎます。

背中のパイピングが反射素材に

さりげなくデザインに落とし込んだリフレクター

背中の左右に上下に走るパイピングは、デザインアクセントになっていると共に、ヘッドライトの光を反射することで、後続の車両に存在をアピール。夜間のライディングでの安全性を高めています。

襟の部分は肌触りの良い起毛素材

襟元も拘っています

直接首の肌が触れる部分には柔らかな起毛素材を採用。また、襟の縁部分はネオプレーン素材を使うことで、左右に頭を振って安全確認をして首と擦れても肌触りは柔らか。長時間の着用でも快適性を保ちます。

左右にファスナー付きポケットを装備

ファスナー付きポケットでお財布、携帯等の貴重品も落とす心配がありません

バイク用アパレルには必須のファスナー付きのポケット。深さも十分なので、スマホや財布などを収納するにも適しています。

真夏はTシャツよりも涼しく走れるメッシュジャケットが絶対おすすめ!

ロゴも同色で控えめなフロントデザイン

昨今特に厳しくなっている夏の暑さですが、バイクに乗る時には半袖ではなく、メッシュジャケットの着用が絶対お勧めです。

半袖に比べて転倒時の安全性が大幅に向上するのはもちろんですが、直射日光が肌に当たらないので体感的に半袖よりも暑さを和らげることができるのです。

また、メッシュの細かな網目を通る風は走行風よりも流速が上がる(速度が速くなる)ので、半袖よりも効果的に肌の表面温度を下げることができるのです。

だからこそ、夏場はバイク用のメッシュジャケットの着用が最良の選択となるのです。

メッシュジャケット未体験のビギナーにもおすすめ

冬場はウインタージャケットを着用していても、夏場のメッシュジャケットを持っていないという人は少なくありません。リーズナブルな価格とバイク用として十分な性能を両立したスコイコJK2103は、最初のメッシュジャケットしてもお勧め。

また、夏場は汗をかきますのでメッシュジャケットも2着あったほうが気兼ねなく洗濯できます。すでにメッシュジャケットを持っている人が買い足すにもぴったりです。

先行予約特典メッシュグローブ

先行予約特典のメッシュグローブ「MC29」(ジャケット着用画像のグローブとは異なります)

先行予約特典メッシュグローブ「MC29」(ジャケット着用画像のグローブとは異なります)

SCOYCO メッシュジャケット JK2103-JPFIT「HATOYA EC限定モデル」

サイズ:M/L/XL
価格:1万1000円(税込)
先行予約特典で10%OFF&メッシュグローブプレゼント
※2024年4月26日から2024年5月31日まで
HATOYA online
https://online.hatoya.co.jp/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次